骨盤調整にも効果的!仰向け合せきのポーズ

ポーズの名称と種類

日本語名 :仰向け合蹠のポーズ
英語名 :Reclining Bound Angle Pose
サンスクリット語名:スプタバッダハコナーサナ
ポーズの種類:寝位

仰向け合せきのポーズのやり方

1. 仰向けの姿勢から始めます。
2. 膝を曲げて足裏を床につきます。
3. 膝を外側に向けながら、足裏同士を合わせます。
4. 息を吐きながら、膝を重力に任せて開きます。
(できるだけかかとを鼠蹊部に近づけます)
5. 軽くお尻をきゅっと締めるようにします。
(腰を反らせないように注意しましょう)
6. 腕はラクな位置で手のひらを上に向けます。
(ポーズの完成)
7. この姿勢で深い呼吸を5呼吸、30秒ほどキープします。
(長くやればやるほど柔軟性は高まります)
(気持ちよくリラックスすることを最優先しましょう)
(ポーズのリリース)
8. 両手を膝に添え、膝をゆっくりと立てます。
(一気に戻すことのないようにします)
9. 脚を伸ばして呼吸を整えましょう。

仰向け合せきのポーズの注意点

無理に膝を床に落とそうと力まないようにしましょう。
股関節や太ももが痛む角度では筋肉は緩むことができません。
無理のない角度で深い呼吸を繰り返してキープしましょう。
身体が緩むごとに股関節もお腹も柔らかくなっていきます。
腰が反ってしまわないように尾骨を床に落としておきましょう。
リリースの際は、必ず膝に手を添えて優しくゆっくりと戻りましょう。
太ももの外側にブランケットで支えを作ると力が抜けやすいです。
股関節の開きを促すために、合せきの下にブロックを置く方法もあります。
(股関節に異常がない場合にだけ活用しましょう)

仰向け合せきのポーズの効果

身体面への効果
股関節や太ももの内側の柔軟性を高めることができます。
骨盤周りや脚全体の血行を良くする効果があります。
生理痛の緩和やむくみの解消にも効果があると言われています。
骨盤のゆがみを矯正することができると言われています。
腹筋の強化にも役立ちます。
婦人科系や膀胱系、腎臓などお腹周りの内臓強化が期待できます。

精神面への効果
イライラする気持ちを緩和する高価があると言われています。
不安感や憂鬱な気持ちの解消にも役立つと言われています。
リラクゼーション効果が期待できるポーズです。
睡眠障害、不眠の症状を緩和するとも言われています。
ストレスを緩和する効果があると言われています。
更年期障害の症状の緩和にも役立つとされています。

仰向け合せきのポーズのまとめ

両手を合わせることを合掌といいますが、両足裏を合わせることを合蹠(がっせき)と言うのだそうです。気持ちをリラックスさせる効果が高いので、寝る前のリラクゼーションとしてもおすすめしたいポーズです。比較的長くやっても負担のないポーズです。寝る前の5分の習慣にしてみてはいかがでしょうか。きっと寝つきも良くなると思います。無理に開くことをせず、脚の重みに任せることで柔軟性が高めることができるでしょう。肩も胸も鼠蹊部もじっくりと開くことができるので心身を開放するポーズとも言われています。女性特有の不快な症状も緩和してくれます。妊娠中にも安心して行うことができますし、産後の骨盤の調整にも有効と言われています。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ウエストを引き締める捻じった半月のポーズ

NO IMAGE

日本インストラクター技術協会の口コミと評判について

デトックス効果が期待できる腹部のねじりのポーズ

普段の呼吸も深まっていく体側を伸ばすポーズ

股関節と胸を開く三日月のポーズ

腹筋をパランスよく整えるV字バランスのポーズ