骨盤を矯正できる合せきのポーズ

ポーズの名称と種類

日本語名 :合せきのポーズ
英語名 :Bound Angle Pose
サンスクリット語名:バッダ・コーナ・アーサナ
ポーズの種類:座位

合せきのポーズのやり方

1. 脚を伸ばして座ります。
2. 両膝を曲げて、体育座りの姿勢になります。
3. 膝を両サイドに開きます。
(膝が床につかない、座りが安定しないときは、
座骨にタオルや重ねたマットを敷いて高さを出しましょう)
4. 足裏同士をピッタリとつけます。
5. 両手で足の甲を包むように掴みます。
(左右の座骨に均等に体重を乗せるようにしましょう)
6. 息を吸いながら、足のかかとを恥骨のほうに引き寄せます。
(骨盤をできるかぎり前傾させます)
(安定感が得にくいときは、お尻にブランケットを敷くと座りやすいです)
7. 同時に背筋も上に引き上げて長く保ちます。
(ポーズの完成)
8. 深い呼吸を繰り返し30秒ほどキープします。
(合せきのポーズで前屈)
9. 息を吐きながら、上体を前に倒します。
(猫背にならないよう、背筋を伸ばし骨盤から倒します)
(顔ではなくアゴを突き出し床に近づけると猫背予防になります)
10. 前屈した体勢で深い呼吸を続け、30秒ほどキープします。
(腹式呼吸を意識してお腹の動きを観察しましょう)
(ポーズのリリース)
11. 吸う息で上体を起こし、リラックスします。

合せきのポーズの注意点

股関節は人それぞれに骨格が異なるので無理に開こうとしないようにします。
骨盤が前傾、もしくはしっかり立っていることを最優先します。
座骨がしっかりと床を押していることを意識しましょう。
安定感が得にくいときは、お尻にブランケットなどを敷いてみましょう。
肩や腕に力が入ってしまわないように注意しましょう。
奥歯を食いしばることのないようにリラックスしましょう。
前屈の際は、猫背にならないように注意してください。
前屈は恥骨からかかとを離すほどラクにできるようになります。
お尻は引き、胸を出し、肩は引く意識を持って行ってみてください。

合せきのポーズの効果

身体面への効果
歪んだ骨盤を矯正する効果が期待できるポーズと言われています。
骨盤が矯正されることでヒップアップの効果も期待できます。
生理痛、生理不順、PMSなど婦人科系の不調の改善に役立つとされています。
便秘解消の効果も期待できます。
骨盤を中心にして血行促進する効果があり、冷え性改善も見込めます。
徐々に股関節の柔軟性を高めることができます。
膀胱系の機能の調子を整える効果があると言われています。

精神面への効果
精神の安定、リラクゼーション効果もあるとされているポーズです。

合せきのポーズのまとめ

合せきのポーズは生理中でも積極的に行えるポーズです。テレビを見ている間などにも簡単に行うことができるでしょう。股関節の開きの差はあっても、初心者でも取り組みやすいポーズです。ぜひ、習慣にされることをおすすめします。始めは股関節の開きが狭い人でも継続して行っているうちに、徐々に柔軟性を得ていくことができるでしょう。股関節が柔軟になると、女性性が高められ、柔軟な心に繋がっていくとも言われています。つらい冷え性や生理時の不調を緩和する効果も期待できるので、女性にとってはなくてはならないポーズと言えるでしょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

頭が良くなるヨガのポーズ

身体の調和力を鍛える英雄のポーズ3

すらり脚を手に入れる仰向けで足の親指を掴むポーズ

ヨガ

身体の浄化を促進する杖のポーズ

ヨガ

腰の疲れもすっきり!捻った三角のポーズ

精神安定を落ち着かせてくれる鋤のポーズ