豊かな表情筋をつくるライオンのポーズ

ポーズの名称と種類

日本語名 :ライオンのポーズ
英語名 :Lion Pose
サンスクリット語名:シンハーサナ
ポーズの種類:

ライオンのポーズのやり方

1. 正座から始めましょう。
(呼吸を整えます)
2. 背筋を伸ばします。
3. 腕を前に下ろしてまっすぐ伸ばし、手は膝の上にのせます。
4. 上体を少し前に出します。
5. 腰を浮かせて足首を曲げ、つま先立ちになります。
6. 右足首を上にして交差させます。
7. 尾骨をかかとにのせます。
(腕に重心が掛かる状態です)
(肩甲骨がしっかり広がっています)
8. 一度目を閉じ、息を吸い込みます。
9. 顔を上に向け、口と目を大きく開けます。
(眼球は上(眉間側)を向けます)
10. 息を吐きながら、舌をべーっとできるだけ長く出します。
(「あー」「わー」と声を加えると効果的です)
11. 膝に置いた手もパッと押し広げます。
(ポーズの完成)
12. 3回ほど繰り返しましょう。
13. 足首の上下を組み替えて行いましょう。
(ポーズのリリース)
14. 終わったら、全身の力を抜きましょう。
15. ゆっくりと正座に戻り、呼吸を整えて休みます。

ライオンのポーズの注意点

膝や足首に故障がある人は避けたほうがいいでしょう。
膝が痛いときは、ブランケットを敷いてもいいでしょう。
椅子に座って行っても同じような効果が得られます。
恥ずかしがらずに思い切り行うのがポイントです。
舌は思い切り顎につけるように伸ばします。
腕を押す力で肩甲骨の広がりをしっかり感じましょう。

ライオンのポーズの効果

身体面への効果
顔のむくみ解消への効果が期待できます。
表情を明るくする効果があると言われています。
顔の筋肉のストレッチをするポーズで表情筋を鍛えます。
二重アゴの帽子や改善に役立つとも言われています。
小顔にする効果が期待できます。
胸や顔の緊張を解いてくれるポーズと言われています。
喉の奥の筋肉を鍛え、詰まった感覚を解消してくれるポーズです。
唾液の分泌が促進され、口臭予防になるとも言われています。
眼精疲労の改善、視力を回復させる効果があるとも言われています。
顔のアンチエイジング効果が期待できると言われています。
首のしわを予防、改善する効果も期待できます。

精神面への効果
ストレス解消、心のデトックス効果が高いとされています。
リフレッシュ効果があると言われています。
五感の神経を活性化することができると言われています。
どもりなどの改善にも役立つと言われています。
リラクゼーション効果も十分に期待できます。

ライオンのポーズのまとめ

ポーズを取るときに力を抜くことを意識するポーズが多い中で、ライオンのポーズはすべてを見開くことにパワーを使います。そしてその後の緩む感覚、脱力する感覚を深く味わうことのできるポーズです。「笑いヨガ」の中でも積極的に取り入れられているポーズのひとつです。ストレスが抜けない人、疲れが溜まっているなと感じる人にも、ぜひ試していただきたいポーズです。比較的簡単にできますし、効果の実感性も高めです。ヨガのクラス以外でも、どこでも行うことができます。人目につかないことを確認して行うようにしてくださいね。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

骨盤を矯正できる合せきのポーズ

普段の呼吸も深まっていく体側を伸ばすポーズ

気持ちを晴れやかに!捻じって膝を頭につけるポーズ

集中力の強化に役立つカラスのポーズ

伸ばして脚を強くするツルのポーズ

すらり脚を手に入れる仰向けで足の親指を掴むポーズ