脚の柔軟性を高める一本足のポーズ

ポーズの名称と種類

日本語名 :手で親指をつかんで伸ばすポーズ
英語名 :Extended Hand-To-Big-Toe Pose
サンスクリット語名:ウッティタ・ハスタ・パダングシュターサナ
ポーズの種類:立位、バランス

手で親指をつかんで伸ばすポーズのやり方

1. 山のポーズでの始まりです。
(呼吸を深くして、気持ちを安定させてから行いましょう)
2.息を吐きながら右脚の膝を曲げ上半身に近づけます。
3.右手の親指、人差し指、中指の3本を使い
4.内腿越しに右足の親指を掴みます。
5.左手は左腰にあててバランスを取ります。
6.2呼吸、整えます。
7.息を吐きながら、右脚を前に伸ばします。
(できるだけ膝が伸びるようにします)
8.2呼吸、整えます。
9.安定したら、両手で右足を掴み、さらに高く上げます。
(猫背にならないように注意しましょう)
10. 2呼吸、整えます。
11. 吐く息で、上げた脚の脛を、顔に引き寄せていきます。
12. 3呼吸ほどキープします。
13. 右手の親指、人差し指、中指の3本で親指を掴む状態に戻り、
14. 息を吐きはがら、上げた脚を真横に広げます。
15. 顔も右側を向けます。
16. 3呼吸ほどキープします。
(ポーズのリリース)
17. 顔を正面に戻します。
18. 右脚を正面に戻します。
19. 膝を曲げて、掴んだ指を離し、足を床に戻します。
20. 山のポーズになり、呼吸を整えます。
21. 左右の脚を入れ替えて繰り返します。

手で親指をつかんで伸ばすポーズのポイント

まずは、7のステップができるようになりましょう。7のステップができるようになったら、13のステップにまっすぐ移行しても構いません。柔軟性が高まってきたら、両手で脚を引き寄せることに挑戦していってください。

手で親指をつかんで伸ばすポーズの注意点

膝は伸びていることが理想ですが、無理のない範囲で行いましょう。
坐骨を床に向けることでバランスがとりやすくなります。
上半身が猫背にならないように注意しましょう。
軸脚の膝がピンと伸びすぎてロックしないように気を付けましょう。
軸足の指が縮こまってしまわないように広げて全指を床に押し付けます。
足首や腰に故障のある人は控えましょう。

手で親指をつかんで伸ばすポーズの効果

身体面への効果
脚の筋肉強化、筋肉バランスの調整に役立つポーズと言われています。
婦人科系の不調を改善する効果があると言われています。
股関節を柔軟にする効果が期待できます。
体幹を鍛えることができると言われています。
全身のバランス感覚を高めることができるポーズです。
背筋の強化にも役立つポーズです。

精神面への効果
集中力を養うことができるポーズと言われています。
イライラ感や焦燥感を和らげる効果があると言われています。

手で親指をつかんで伸ばすポーズのまとめ

すべてのプロセスを行えるようになるまでには、かなりの期間の練習が必要になると思います。バランスを保つことがかなり難しいポーズでもあるので、精神統一が要ります。心身共に安定性を強化することができると言われています。徐々に深めていけるようにしましょう。無理を感じるときはまだ筋肉が整っていないことも考えられます。痛めることのないように気長に取り組みましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

NO IMAGE

日本生活環境支援協会の口コミと評判について

豊かな表情筋をつくるライオンのポーズ

エネルギーが湧いてくる英雄のポーズ1

マインドフルネスのための様々な瞑想法

NO IMAGE

日本インストラクター協会の口コミと評判について

整腸効果抜群!赤ちゃんのポーズ