肩甲骨を柔軟にするワシのポーズ

ポーズの名称と種類

日本語名 :ワシのポーズ
英語名 :イーグルポーズ
サンスクリット語名:ガルダ・アーサナ
ポーズの種類:立位

ワシのポーズのやり方

1.  山のポーズでの始まりです。
(呼吸を深くして、気持ちを安定させてから行いましょう)
2. 少し両膝を曲げて左脚を浮かせ、前側から右太ももに乗せます。
3. さらに足先まで右脚に絡めていきます。
(可能な限り、絡めた左足の甲まで右脚にぐるりと固定します)
4. おへそが正面に向けます。
5. 胸の高さで、右腕を上にして両腕をクロスさせます。
(クロス支点は肘あたり、できるだけ深くしておきましょう)
6. クロスした状態で両手を顔に近づけます。
7. 右手を左上の向こう側から回転させて合掌します。
(すでにねじりが効いた状態です)
(手と手を押し合わせると強度が高まります)
8.絡めた前腕が床と垂直になるようにします。
9. 肩を下げ、背筋を伸ばします。
10. ゆっくりと可能な位置まで肘の高さを上げます。
11. 視点は目の前の腕越し正面です。
12. バランスを保ったまま上体を前に倒していきます。
(ポーズの完成)
13. 深い呼吸を繰り返して30秒を目安にします。
(左右の転換)
14. ゆっくりと絡めた両手と両脚をほどいて、山のポーズに戻ります。
15. 呼吸を落ち着け、左右を入れ替えて行います。14.
(ポーズのリリース)
16. ゆっくりと絡めた両手と両脚をほどき、山のポーズに戻ります。

ワシのポーズの注意点

腕をクロスする左右の上下は、立っている軸足の側を上にすることを覚えておきましょう。
脚も腕も無理に絡めることはせず、呼吸の保てる範囲が目安です。
脚を絡めるのが難しい場合は、片足立ちでも大丈夫です。
背中が丸まらないように気を付けましょう。
肩をすくめてしまわないように耳から離しておきます。
終盤の前屈は可能な角度でキープします。
リリースでは、初めからの動作を逆戻りするようにゆっくり戻します。
膝に故障のある人はこのポーズの脚の動きは控えるようにしてください。

ワシのポーズの効果

肩甲骨周りには、ダイレクトに効いていることが分かるポーズです。肩こりや背中の上部の痛みの解消に役立つポーズとして有名です。解れた解放感を比較的即時に味わうことができるでしょう。立って行わなくても、腕だけで行うことも可能です。上記でご紹介している5~11を行いましょう。脚を絡めることで、骨盤周りの股関節などの柔軟性と骨格を矯正する効果が期待できます。片脚で支え、複雑に絡めるという動作によって、バランス感覚が向上するポーズと言われています。二の腕のシェイプアップ効果も期待できるようです。精神面でも、集中力とやる気のアップさせる効果があると言われています。

ワシのポーズのまとめ

肩甲骨周りは意識しないと動かすことが少ない部位で、固まりやすい特質を持っています。肩甲骨と骨盤がどれくらい正常位置で、柔軟で、この2つの連動がどれくらいスムーズかによって、動作の動きやすさが決まるとも言われています。肩こりの人にとっては、気持ちのいいポーズでしょう。慣れるまでは無理をしないように気を付けてくださいね。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

内臓機能の活性する捻じった椅子のポーズ

胸を開くハトのポーズ

快眠を促してくれる座った開脚のポーズ

精神安定を落ち着かせてくれる鋤のポーズ

若返り効果に期待!立位前屈のポーズ

伸ばして脚を強くするツルのポーズ