簡単でも奥深さは抜群!山のポーズ

山のポーズの名称と種類

日本語名 :山のポーズ
英語名 :マウンテンポーズ
サンスクリット語名:ターダ・アーサナ
ポーズの種類:立位

山のポーズの大切さ

山のポーズは、立ち姿勢で行うヨガのすべてのポーズの始まりの姿勢となります。まっすぐ立つだけと思っていても、私たちの日常生活の動きの癖で、多くの人が、本来の理想的な立ち方をしていないものなのです。とても単純なポーズだからこそ、内面に意識が向けやすく、良い姿勢のための骨格の位置を意識することができるポーズです。誰にでもできる簡単なポーズと思われがちですが、奥は深く、効果も高いと言われているポーズです。丁寧に行うことを心掛けましょう。

山のポーズのやり方

足をつける方法と離す方法があります。
ここでは安定感の得られやすい離すスタイルに沿ってご説明します。

1.足の幅をこぶし一個分ほど離して立ちます。
(親指からかかとのラインが平行になるように位置させます)
2.足の指を目いっぱい上に反らせて開き、親指から順に床につけていきます。
3.親指の付け根、小指の付け根、かかとの両端の足裏全体に均等に体重をかけます。
4.太ももの内側を引き上げます。
(膝上の筋肉を引き上げ、外くるぶし、膝外側、骨盤側が一直線になるのが理想)
5.下腹部とお尻を軽く引き締めます。
(骨盤が前傾したり、後傾したりしないように注意します)
(尾てい骨を下に下げるイメージを持ちましょう)
6.その上に背骨から頭頂までをまっすぐ積み重ねるイメージを持ちます。
(頭頂から見えない糸で真上に引っ張られる感覚を持つといいでしょう)
7.目線はまっすぐ正面を向きます。
(一点集中ではなく、眼球を動かさずに全体を捉えます)
(顔や奥歯の力を抜くようにします)
8.足裏全体に掛かる重心と、その上の身体のバランスを保ちます。
9.呼吸を深めながら30秒~1分ほど行います。

山のポーズの注意点

意識ポイントを把握しないまま行うと逆に歪みやケガに繋がることがあります。
各部位の位置を意識するあまりに、体全体に力が入り過ぎないように注意しましょう。
特に、肩、足の指、手の指、歯を食いしばることのないよう気を付けましょう。
頭痛、不眠症、低血圧気味の人は長時間このポーズを行うことは控えましょう。
反り腰を避けるために、お尻を締めるときには、尾てい骨を下げます。

山のポーズの効果

正しい姿勢で立つための筋肉の使い方が分かるようになります。立ち方が良くない人ほど、このポーズをキープすることが難しいものですが、だんだんと正しい立ち方をするための筋肉が鍛えられていきます。太もも、背中の筋肉を適切にすることができるので姿勢の矯正にも効果があるといわれています。また静止しながら意識するポイントも多く、精神をリラックスさせる効果も期待できるでしょう。

山のポーズのまとめ

姿勢の良い立ち方、歩き方、座り方ができている人は見た目もキレイですよね。山のポーズは、身体のどこかに歪みがあれば気付くことができ、改善していけるポーズです。動きの量はとても少ないですが、全身の筋肉や骨格を意識するので、行っているうちに、身体がだんだんと温まってくることも感じられるでしょう。

ヨガ ヨガ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

キレイな背中を手に入れる弓のポーズ

気持ちよく姿勢改善!ネコの背伸びのポーズ

肩甲骨周りを柔軟にする牛の顔のポーズ

脚の柔軟性を高める一本足のポーズ

腰を伸ばして腰痛緩和!座位前屈のポーズ

太ももを柔軟にする片足のカエルのポーズ