瞑想効果を高める蓮華のポーズ

ポーズの名称と種類

日本語名 :蓮華のポーズ
英語名 :Lotus Pose
サンスクリット語名:パドマ・アーサナ
ポーズの種類:座位

蓮華のポーズのやり方

(十分に足首を伸ばしてほぐしてから行いましょう)
1. 脚を前に伸ばした状態で座ります。
2. 右膝を曲げて、両手で右足を掴んで左太ももの付け根に乗せます。
(かかとがおへそ側に近づくようにします)
3. 上体を後ろにやや傾けて左膝を曲げます。
4. 両手で左足を掴んで右脚の付け根に乗せます。
(くれぐれも無理のない人だけおこなってください)
(両かかとは天井を向けます)
5. お尻を後ろにつき出すように下げ、骨盤を立てます。
6. 尾骨から頭まで背筋をまっすぐに伸ばします。
(腰が反らないように気を付けましょう)
7. 肩の力は完全に抜き切ります。
8. 両腕を伸ばして膝の上に手を置きます。
9. 両手は上向きにして、親指と人差し指で輪を作ります。
10. 軽く目を閉じましょう。
(ポーズの完成)
11. 深い呼吸を繰り返します。
(ポーズのリリース)
12. 脚を解く際は必ず手で補助しましょう。

蓮華のポーズの注意点

膝や足首に故障のあるかたは控えましょう。
膝や足首に痛みを感じたら、無理をせずにポーズを解きましょう。
股関節に痛みを感じる場合も無理をしないようにしましょう。
太ももの付け根にしっかりと足を乗せるのがコツです。
ポーズをリリースした後の解放感をしっかり味わいましょう。

蓮華のポーズが難しい場合の軽減法

蓮華のポーズは、股関節や脚の柔軟性が十分でないと難しいポーズです。軽減法として、片脚だけを太ももに乗せる半蓮華座のポーズから取り組まれることをおすすめします。蓮華のポーズを取る前の柔軟ポーズとして行っても有効です。太ももに足を乗せることがきつい人は、鼠蹊部の前で脚を前後におく安楽座の姿勢でも構いません。痛みなく背筋を伸ばせることが大切です。蓮華のポーズは慣れるまでは、数秒で解くことを繰り返しながら行って脚の負担を軽減しましょう。

蓮華のポーズの特徴

ヨガにはさまざまな呼吸法がありますが、それらの呼吸法を行うときの姿勢としても推奨されているのがこの蓮華のポーズです。 結跏趺坐(けっかふざ)とも呼ばれています。脚を交差し、背骨をまっすぐにすることで、呼吸の出入りと良いエネルギーの流れをスムーズにすると言われているからです。初心者には少々難しいことがあるかもしれません。また、個人の骨格によってやりにくいということもあるので無理のない範囲で行うようにしましょう。第三の目が活性化され、直感やインスピレーションが働きやすくなると言われています。内観力もアップできるでしょう。

蓮華のポーズの効果

身体面への効果
膝と足首を柔軟にする効果があります。
お腹周り、腰や骨盤周りの血行を良くすることができます。
股関節の柔軟性を高めることができます。
膀胱機能の調子を整える効果があると言われています。
生理中の不快な症状の緩和に役立つとされています。

精神面への効果
頭脳がクリアになり、感受性を高めることができると言われています。
脳を休める効果が高いと言われています。

蓮華のポーズのまとめ

片方の脚を曲げて太ももに乗せるだけでも、時間を掛けることで重力で柔軟性が高まっていきます。難しい人は、一気に両方の脚を組もうと焦らず、徐々に取り組んでいかれることをおすすめします。股関節を開くことや膝を下ろすということよりも、脛を床に下ろすように回転させる意識を持つといいでしょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ヨガ

力強さと穏やかさの融合!英雄のポーズ4

首の不調を整える上を向いた犬のポーズ

バランス感覚が向上する立木のポーズ

消化機能を活性化させる仰向けの英雄のポーズ

ヨガ

腰の疲れもすっきり!捻った三角のポーズ

疲労回復に下を向いた犬のポーズ