目の疲れに効くウサギのポーズ

ポーズの名称と種類

日本語名 :うさぎのポーズ
英語名 :Rabbit Pose
サンスクリット語名:シャシャンカーサナ
ポーズの種類:座位、逆転

うさぎのポーズのやり方

1. 正座になります。
2. 上体を前に倒し、おでこを床につけます。
3. 両手を顔の横の床につけます。
4. 息を吐きながらお尻を持ち上げます。
(膝が90度になるところまで持ち上げましょう)
(額から頭頂に向けて床との接地面を移動させます)
5. 顎を引き、首の後ろを伸ばしながら頭頂を床につけます。
(ここまでは腕でしっかり体重を支えておきましょう)
6. 頭頂部の気持ちいいポイントを探りましょう。
7. 両手を床から離して背中側で組みます。
(難しい場合は、無理せず6のステップで留めておきます)
(余裕があれば、前後に少し揺らすと頭頂のマッサージ効果が高まります)
8. 組んだ両手を上に上げていきます。
9. 視線はおへそをのぞき込む感じです。
(ポーズの完成)
10. この姿勢で呼吸を深めて30秒ほどキープします。
(ポーズのリリース)
11.息を吸いながら、組んだ両手を解放し、頭の横につきます。
12.お尻をかかと側におろします。
13.骨盤から背骨のひとつひとつを積み重ねるように上体を起こします。
(頭が最後に上がるようにゆっくり行いましょう)
14.正座に戻って呼吸を整えます。

うさぎのポーズの注意点

頸椎を守るため、頭を床につけたら、絶対に横を向かないようにしましょう。
骨盤は腰の真上の位置で固定です。出過ぎないように注意しましょう。
慣れるまでは、手を床についたままで行っても気持ちよさは得られます。
頭の血流が逆流します。リリースの際に、一気に顔を上げないようにしましょう。
首や頸椎に痛みや故障のある人は、このポーズは行わないでください。
貧血気味の人は、極力ゆっくりと慎重に行いましょう。

うさぎのポーズの効果

身体面への効果
頭頂への刺激によって眼精疲労を回復させる効果があると言われています。
手を組む姿勢で肩甲骨周りを柔軟にします。肩こり改善の効果も期待できます。
頭部の血液循環がよくなり、肌荒れ、くすみの解消にも役立ちます。
背骨の矯正効果もあり、姿勢をよくする筋肉も鍛えられるでしょう。
頭部への刺激が頭皮の血行促進になり抜け毛予防にもなると言われています。
首、頸椎、背中を十分にほぐすので、不眠の改善にも役立つようです。

精神面への効果
鬱積した気分やストレスの解消に役立つと言われています。
首や背中がほぐれることで緊張感を緩和できるポーズです。

うさぎのポーズのまとめ

仕事などでパソコンを使用するデスクワークの時間が長い人には、ぜひおすすめしたいポーズです。このポーズを行った後は、きっと視界がクリアになり、目のすっきり感を味わうことができると思います。目の疲れからくる肩こりや頭痛の緩和にも役立つと言われています。そんな症状を感じている人ほど、気持ちよく行うことができるポーズです。また、眠りが浅い、寝つきが悪いという人も、寝る前にウサギのポーズをゆっくり行うことで、頸椎や首、背中をほぐせば、グッスリ眠るためのリラックス度をさらに高めることができるでしょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

橋のポーズのやり方注意点

ストレスを緩和する橋のポーズ

骨盤を矯正できる合せきのポーズ

脳を休める立って両足を伸ばすポーズ

肩腰をラクにしてくれるねじりのポーズ

整腸効果抜群!赤ちゃんのポーズ

消化機能を活性化させる仰向けの英雄のポーズ