猫背の矯正に車輪のポーズ

ポーズの名称と種類

日本語名 :車輪のポーズ
英語名 :Wheel Pose
サンスクリット語名:ウールドゥワ・ダヌラアーサナ
ポーズの種類:後屈

車輪のポーズのやり方

1. 仰向けに寝た姿勢での始まりです。
(呼吸を深くして、気持ちを安定させてから行いましょう)
2. 両膝を立て、かかとをできるだけお尻に寄せます。
(足幅は腰幅程度に開いておきます)
(足裏はしっかりと床につけ、つま先を真後ろに向けます)
3. 肘を曲げて天井に向けます。
4. 指先を肩方向に向けて、手のひらを耳の横につきます。
(指はパッと開いておきます)
5. 両足の親指側で床を押して、お尻を床から持ち上げます。
6. 両手で床を押して、頭を浮かせて頭頂を床につきます。
7. 呼吸を整えます。
8. 吐く息で両脚と両腕同時に床を押し、肘と膝を伸ばします。
(お腹が一番上部になりストレッチされた状態です)
(脚は常に平行を保てるようにしましょう)
9. 視線は前方か床の方向です。
(ポーズの完成)
10. この姿勢で深い呼吸をしながら10秒ほどキープします。
(3呼吸を目安にしましょう)
(ポーズのリリース)
11. 息を吐きながら、ゆっくりと肘を曲げ、頭頂を床につきます。
12. 息を吐きながら、首、背中、お尻の順に床へ戻していきます。
13. 呼吸を整え、心身を休めます。
14. 3回ほど繰り返せるのが理想です。

車輪のポーズの注意点

腰を痛めやすいポーズなので腰を反らして詰まらせないようにします。
尾骨と仙骨を天井に向ける意識を常に持ちましょう。
足や太ももが内側によると腰の負担が大きくなります。
太ももにブロックを挟んでおくと脚幅を保ちやすくなります。
高血圧の人は、適切な指導のもとで行いましょう。
妊娠中の人は控えたほうがいいでしょう。
首、手首か背中、腰に故障のある人は避けるようにしましょう。

車輪のポーズの効果

身体面への効果
全身の疲労を緩和する効果があると言われています。
内臓の不調を改善し、機能を活性化する効果が期待できます。
ポーズ後の呼吸がラクにできるようになります。
胸やお腹のストレッチ効果が期待できます。
背骨を強くし、ゆがみを矯正する効果が期待できます。
猫背などの姿勢の改善の効果も高いポーズです。
肩こりの緩和に役立つと言われています。
背中、脚の全体、お尻、二の腕のシェイプアップ効果が期待できます。
甲状腺機能、呼吸器系の強化にも役立つとされています。

精神面への効果
胸を伸ばすのでリフレッシュ効果の高いポーズです。
自律神経を整える効果があるとされています。
不安やうつ的な気分の緩和にも役立つとされています。
姿勢の改善とともに、自信が湧いてくるポーズとも言われています。

車輪のポーズのまとめ

ブリッジという名前でも知られている車輪のポーズです。呼吸を止めてしまわずに胸をよく使って鼻呼吸を行いましょう。吸う息でもう1ミリお腹の高さを上げるよう腕と脚を伸ばしてみましょう。くれぐれも腰で動きをコントロールしないように心がけましょう。このことが車輪のポーズの最重要ポイントです。比較的柔らかな上で行えるポーズです。お布団やベッドの上でも可能ですよ。習慣にされてみてはいかがでしょうか。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

太ももラインを整える半月のポーズ

内臓機能の活性する捻じった椅子のポーズ

身体の調和力を鍛える英雄のポーズ3

ヨガのポーズ一覧

骨盤底筋を鍛える花輪のポーズ

腰を伸ばして腰痛緩和!座位前屈のポーズ

瞑想効果を高める蓮華のポーズ