消化機能を活性化させる仰向けの英雄のポーズ

ポーズの名称と種類

日本語名 :仰向けの英雄のポーズ
英語名 :Reclining Hero Pose
サンスクリット語名:スプタヴィーラーサナ
ポーズの種類:寝位

仰向けの英雄のポーズのやり方

1. 正座の姿勢で始めます。
2. 両足をずらして足の間にお尻を沈め床につきます。
3. 足のつま先はまっすぐ後ろを向かせておきます。
4. 上体を後ろに傾けて、両手を身体の後方の床につきます。
5. 片方ずつ肘を曲げて床につきます。
(この状態で膝が浮かないように確認します。
(膝は広がらないように腰幅を保ちます。
(お尻を締めて尾骨を下げるように意識します。
6. 太ももの伸びと膝に余裕があれば、上体を完全に床に落とします。
7. 太ももの伸びを十分に感じましょう。
(無理のない角度に留めましょう)
8. 背中を床につけられたら、腕を頭の上に伸ばします。
(背中は反らせるのではなく、床にできるだけつきます)
9. 頭の上で肘同士を手で掴んでもいいでしょう。
(ポーズの完成)
10. この姿勢で深い呼吸を5呼吸、30秒ほどキープします。
(長ければ長いほど柔軟性や緩和効果が高まります)
(ポーズのリリース)
11. 前腕で床を押して上体を浮かせます。
12. ゆっくりと上体を起こして、正座に戻ります。
13. 呼吸を整え、心身を休めましょう。

仰向けの英雄のポーズの注意点

両脚を曲げて行うのが難しい場合は、片脚ずつでも構いません。
膝や太ももに無理が掛からない角度に留めることが大切です。
身体の下に、クッションを敷いて角度調節をしましょう。
背中、膝、足首に故障のある人は控えるか、軽減法で行ってください。
足のつま先は、膝を守るために必ず真後ろを向けておきましょう。

仰向けの英雄のポーズの効果

身体面への効果
むくみの改善に役立つとされています。
消化器官の不調を改善し、機能を活性化する効果があると言われています。
胃下垂の予防、改善の効果があると言われています。
脚全体の血行促進によって疲労回復に有効とされています。
喘息、風邪など呼吸器官の問題を緩和すると言われています。
膨満感、胃酸過多の改善効果が期待できます。
股関節、足首などの関節の柔軟性を高める効果が期待できます。
血圧を正常化する効果も期待できるようです。

精神面への効果
神経を落ち着かせ、リラクゼーション効果も高いと言われて今うs。

仰向けの英雄のポーズのまとめ

ヨガは、食後に行うことは控えることがルールのひとつですが、このポーズに関しては、消化の働きも高めてくれるので食後に行っても良いという提唱もあります。それほどに消化器官に対してはヒーリングと機能活性の効果が期待できるポーズと言えるでしょう。みぞおちや胃、腸や腹部に不快感を覚えるときに、数分でも行うことで緩和されていることを実感で着ると思います。10分以上行っても問題のないポーズです。脚の疲労回復には役立つとも言われています。柔軟性は必要になりますが、背中を床に落とすことができなくても、無理のない角度で十分に伸ばせていれば効果を得ることは可能です。力は必要がないので、全身をリラックスさせることができるでしょう。寝る前に行うこともおすすめです。

ヨガ ヨガ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

将来に不安を感じ始めたら第1チャクラ、ムラダラを鍛えよう

整腸効果抜群!赤ちゃんのポーズ

胸を開くハトのポーズ

ヨガ

インナーマッスル強化に役立つ天秤のポーズ

ヨガ

身体の浄化を促進する杖のポーズ

瞑想効果を高める蓮華のポーズ