気持ちを晴れやかに!捻じって膝を頭につけるポーズ

ポーズの名称と種類

日本語名 :捻じって膝を頭につけるポーズ
英語名 :Revolved Side Angle Pose
サンスクリット語名:パルヴルッタ・ジャーヌ・シール・アーサナ
ポーズの種類:座位

捻じって膝を頭につけるポーズのやり方

1. 座って両脚を前に伸ばした姿勢から始めます。
2. つま先を天井に向けます。
3. 両脚をできるだけ広く左右に開きます。
4. 右膝を曲げ、右かかとを鼠蹊部に引き寄せます。
5. 息を吐きながら右方向へ上体を傾け、右肩を右膝の内側に寄せます。
6. 右の前腕を手の平を上にして床につきます。
7. 右足裏を右手で捉えます。
(肩が前かがみにならないように注意します)
(お尻の左側が浮かないようにします)
8. 胸を天井のほうに向けて開きます。
9. 息を吸って左腕を天井のほうに伸ばし、背筋をまっすぐにします。
10. 次の吸う息で左手を右足の先へ持って行きます。
(頭の後ろを通るようにしてつま先を捉えます)
11. 視線は天井を向きます。
(頭は伸ばした膝に近づけましょう)
(ポーズの完成)
12. この姿勢で深い呼吸を5呼吸、30秒ほどを目安に繰り返します。
(吸う息で背筋を伸ばし、吐く息で上体をさらに床に落とします)
(1分程度まで延ばせるといいでしょう)
(左右の転換)
13. 息を吸いながら上体のねじりを解きます。
14. ゆっくりと上体を起こしていきます。
15. 曲げた膝を伸ばします。
16. 足を入れ替えて反対側も行います。
(ポーズのリリース)
17. 両方をやり終えたら、脚を前で揃えます。
18. 呼吸を整えて、心身を休めましょう。

捻じって膝を頭につけるポーズの注意点

肩や背中、太ももを痛めているかたは控えたほうがいいでしょう。
下痢の人もこのポーズは控えたほうがいいでしょう。
呼吸が止まってしまうほど倒さないようにします。
肩が前に出やすいので上側の肩は常に後ろに引く意識を持ちます。
胸ができるだけ天井に向くように上体を捻じりましょう。

捻じって膝を頭につけるポーズの効果

身体面への効果
背中の凝りを軽減する効果があると言われています。
胸周りの柔軟性を高めることのできるポーズです。
心身の疲労回復を促進する効果が期待できます。
肝臓や腎臓などの内臓を活性化すると言われています。
消化器官の不調を改善すると言われています。
冷えからくるむくみを解消に効果的と言われています。
腰痛や肩こりの解消にも役立つと言われています。
デトックス効果が期待できるポーズです。

精神面への効果
不安感を緩和する効果があると言われています。
頭痛を緩和する効果があると言われています。
寝つきをよくする効果が期待できます。

捻じって膝を頭につけるポーズのまとめ

普段の生活の中でストレッチすることの少ない身体の側面を伸ばすことができます。気持ちよく伸びる範囲で十分な呼吸量を確保することを意識して行ってみましょう。そうすることでこのポーズの効果を十分に得ることができるでしょう。メンタル面にも効果を感じることのできるポーズです。リフレッシュ効果も高いと言われていますので、朝起きたすぐにベッドの上で行うというのもおすすめします。

ヨガ ヨガ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

普段の呼吸も深まっていく体側を伸ばすポーズ

マインドフルネスのための様々な瞑想法

呼吸機能が高まるかんぬきのポーズ

ヨガポーズ

ストレス解消を助けるコブラのポーズ

ぐっすり眠れるハッピーベイビーのポーズ

内臓機能の活性する捻じった椅子のポーズ