整腸効果抜群!赤ちゃんのポーズ

ポーズの名称と種類

日本語名 :赤ちゃんのポーズ
英語名 :Wind Relieving Pose
サンスクリット語名:パバムクタアーサナ
ポーズの種類:仰位

赤ちゃんポーズのやり方

1. 仰向けになります。
2. 両膝を曲げて、胸に近づけます。
3. 曲げた脚を両腕で抱え込みます。
4. 息を吐きながら、頭を膝に近づけます。
5. さらに膝を抱え込んでお尻も浮かせた状態にします。
(背骨を丸めるように意識しましょう)
(肩や首の力は抜いておきます)
(ポーズの完成)
6. 身体を丸く小さくして、深い呼吸を30秒ほど繰り返します。
(腹式呼吸を意識してお腹の動きを感じましょう)
(長めに行っても問題ありません)
(ポーズのリリース)
7. 腕を解いて、ゆっくりと足を伸ばします。
8. 仰向けの姿勢で呼吸を整え、休みます。

赤ちゃんポーズのガス抜き効果

サンスクリット語の「パバムクタアーサナ」を日本語にすると「ガス抜きのポーズ」です。その名の通り、お腹にガスが溜まって苦しいときにもこのポーズがガスを外に出すことを助けてくれるでしょう。難易度は低く、誰でも簡単に取り組むことができます。前かがみになることの多い日常生活でも、ここまで身体を丸めてしまうことは少ないものです。通常の前屈とは異なり、背中を丸めることがこのポーズの大きな特徴です。お母さんのおなかの中にいるときの体勢にも似ていることから、本能的に安心感を得ることのできるポーズとも言われています。腸への働きかけは絶大なので、ぜひ皆さんに試してほしいと思います。

赤ちゃんのポーズの注意点

腕や首の力に任せることなく、背筋を丸めることで上体を上げます。
このポーズを行うことで肩、背中、腰に痛みを覚える場合は中止してください。
肩や首は最大限リラックスさせるよう心掛けましょう。
肘同士を掴むようにすると肩や首の力が抜けやすくなります。
曲げた両脚を抱くことが難しい場合は、片脚ずつ行ってみましょう。
腹式呼吸を意識してお腹が上下する動きをしっかり感じましょう。

赤ちゃんのポーズの効果

身体面への効果
ガスが溜まったことでの膨満感の解消に役立ちます。
整腸効果が期待でき、便秘解消も期待できるポーズです。
身体を小さくする圧迫によって内臓を刺激し活性化させます。
腰部が伸ばされ、軽い腰痛や疲れの回復もできるでしょう。
腹筋を強化、お腹回りのシェイプアップ効果も期待できます。
骨盤を強制する効果もあるようです。

精神面への効果
心身の疲労回復にも役立つ動きと言われています。
身体を丸め胎児の姿勢を取ることで気持ちが安らぐと言われています。

赤ちゃんのポーズのまとめ

背中を反るポーズを行った後に行うと、背中の柔軟性と筋肉バランスを整える効果を高めることができると言われています。軽い腰痛持ちの人も、腰に疲れを感じたときに赤ちゃんのポーズで緩和することができるでしょう。だんだんと腰回りの筋肉が柔軟にすることができるでしょう。重度の腰痛を抱えている人は慎重に行ってください。心が不安になったりざわざわするときに、この胎児の体勢が心身を落ち着かせる効果があると言われています。寝る前に数分間行ってリラックスするのもおすすめです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

エネルギーが湧いてくる英雄のポーズ1

骨盤を矯正できる合せきのポーズ

普段の呼吸も深まっていく体側を伸ばすポーズ

ヨガ

腰の疲れもすっきり!捻った三角のポーズ

NO IMAGE

日本デザインプランナー協会の口コミ評判について

お尻の引き締めに効く!猿王のポーズ