心身の安定力がつく英雄のポーズ2

ポーズの名称と種類

日本語名 :英雄のポーズ2
英語名 :Warrior Ⅱ Pose
サンスクリット語名:ウィーラバッドゥラ・アーサナ2
ポーズの種類:立位

英雄のポーズ2のやり方

1. 山のポーズでの始まりです。
(呼吸を深くして、気持ちを安定させてから行いましょう)
2. 両脚を横に大きく開きます。
3. 右足先を外側に向け、左足先はやや内側(45度くらい)に向けます。
4. 息を吸いながら両手を肩の高さで左右に開きます。
5. 肩の力を抜いて、一度、肩だけ落としましょう。
(手のひらは下向きです)
6. 顔と視線は右手の先に向けます。
(左右の腕の高さが下がらないように注意します)
(肩に力が入らないように肩甲骨は下げます)
7. 息を吐きながら右膝を曲げて、かかとの真上に膝を位置させ固定します。
8. 後ろの太ももをグッと引き上げます。
9. 骨盤の前傾を防ぐために恥骨をおへそ側に上げる感覚を持ちます
(ポーズの完成)
10.両脚で踏ん張って均等に体重を乗せましょう。
11.深く呼吸をしながら30秒ほどキープします。
(左右の転換)
12.息を吸いながら、曲げた右膝を伸ばします。
13.腕は広げたまま、くるりと足のポジションを入れ替えます。
14.左足先を外側に向け、右足先はやや内側(45度くらい)に向けます。
15.5~11までを繰り返します。
(ポーズのリリース)
16.左膝を伸ばし、腕を下して山のポーズに戻り呼吸を整えます。

英雄のポーズ2の注意点

ケガ予防のため、前脚の膝の角度は常に90度で固定です。
ケガ予防のため、前脚の膝は常に正面を向くようにしましょう。
後ろの太ももがだらりと落ちないようにしっかりと踏ん張ります。
踏ん張るときに、腰の圧迫を防ぐため恥骨をおへそ側に上げる感覚を持ちましょう。
膝や腰、肩などに強い痛みがある人はこのポーズは控えましょう。

英雄のポーズ2のポイント

英雄のポーズ2は、おへその辺りを中心にして、5つの方向に均等なパワーを注ぎます。背骨から頭にかけての上方向、前腕で前方、後ろ腕で後方、前脚で斜め前下へ、後ろ足で斜め後ろ下へ伸ばされる意識を持ちます。丁度、星形のような感じです。この割合が丁度良く均一になったとき、心身の安定が図られると言われています。上半身をまっすぐに立てて、左右前後に傾かないように心がけてみましょう。吸う息で上へのエネルギーを、吐く息で下へのエネルギーを意識してみましょう。

英雄のポーズ2の効果

脚力はしっかりついて、きれいな脚線美に近づくことができるでしょう。理想的な筋肉バランスの叶うポーズと言われています。このポーズの支点となるお腹回りへの働きかけも大きいので、便秘の解消やシェイプアップ効果も期待できます。キープするのが、比較的ハードなポーズなので、集中力の強化、そしてストレスを軽減させてくれる効果もあるようです。ハードなポーズですが、疲労からの回復効果も見込めます。

英雄のポーズ2のまとめ

ヨガの基本的なポーズの代表格でもある英雄のポーズです。いくつかのバリエーションがありますが、この英雄のポーズ2は、心身を安定させることでも有名です。他のバリエーションとセットで行うのもおすすめです。

ヨガ ヨガ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ヨガポーズとヨガのメリット

体幹を鍛えるネコのバランスポーズのバリエーション

デトックス効果が期待できる腹部のねじりのポーズ

バランス感覚が向上する立木のポーズ

NO IMAGE

日本インストラクター協会の口コミと評判について

首の不調を整える上を向いた犬のポーズ

ヨガのポーズ一覧

気持ちよく腰を伸ばすワニのポーズ