将来に不安を感じ始めたら第1チャクラ、ムラダラを鍛えよう

第1チャクラ、ムラダラとは

第1チャクラであるムラダラは背骨の一番下、下から3つ目までの腰椎のあたりにあります。サンスクリット語でムラダラ(Muladhara)は英語でルートサポート(root support)と訳されルートチャクラとも言われますが、根っこという英語の意味でわかるように、人生の基盤や経済的な安定をつかさどるチャクラです。第1チャクラ、ムラダラはグラウンディングという言葉で形容されることが多くありますが、それも地(グラウンド)に根を張るように基盤を整える、生命を支えるという意味になります。

第1チャクラ、ムラダラがブロックされるとどうなるか

第1チャクラ、ムラダラが滞っていると、なんとなく人生に不安を覚えたり、経済的な心配をするようになるといわれています。また生命維持が脅かされるようになる場合もあるので、過食や拒食症などの摂食障害を起こす方もムラダラが滞っているサインと言えます。第1チャクラ、ムラダラは全ての基盤、ベースとなるチャクラであるので他のチャクラが滞っている場合でも、まずムラダラのバランスを整えてからではないと、劇的に成長するのは難しいと言われています。木の根っこがしっかりしていなくては、大樹は育たないということです。

第1チャクラ、ムラダラの整えるアサナ

1、 マラサナ
このポーズはしゃがんでいる態勢で文字通り地面と体が近くなっているので、グランディリングの効果があり、骨盤を開き、背筋をまっすぐ伸ばすことで、スピリチュアル的にも精神的にも気持ちを落ち着かせるのに効果的です。第1チャクラ、ムラダラのキーワードである「根っこ」、地面についている両脚は地球と繋がっている根っこを意味し、大地からエネルギーを受取っているポーズになります。
2、 ローランジ
実際にこのポーズをしてみると、マットに膝をつけている方の足の付け根と前太ももの筋肉が非常にストレッチされているのがわかると思います。この2つの筋肉は絶体絶命のとき自分を守り、生命維持を意味する第1チャクラ、ムラダラと深い関わりがある筋肉になっています。この2つの筋肉をストレッチすることで、絶体絶命で逃げるか戦うかとうソワソワした気持ちを勇敢で内に秘めた強い、落ち着きのあるエネルギーに変えてくれる働きがあります。
3、 ウォーリオ2
日本語でも英語でも戦士を意味するポーズです。サンスクリット語でVirabhadrasana2の直訳は果敢な戦士という意味になり、自分の中にある怖れや疑問に立ち向かうという意味のポーズになります。しっかりと大地に足をつけ、内なるエネルギーを刺激することで、自らの真の強さや決意を深めることに効果的です。

まとめ

第1チャクラ、ムラダラはスピリチュアル的にも生命維持や経済的安定と人生の基盤に関わるチャクラのため、ヨガのポーズにおいても、しっかりと下半身の筋肉で体を支えてるようなポーズになっています。第1チャクラ、ムラダラを刺激するポーズは精神を安定させる効果があるので、なにかとソワソワしてしまう、心配事が多い方などにもおすすめです。一説に、ムラダラが開きすぎていると自信過剰になってしまうとも言われていますが、何事もバランスが必要なのかもしれません。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

バランス感覚が向上する立木のポーズ

ビクラムヨガの26種類の基本ポーズ

どれ着てヨガする?豊富なヨガパンツの種類

初心者でも挑戦!ヨガの難しいポーズのやり方と効果について

フェイスヨガで穏やかで引き締まった表情をキープ!

マッサージで初心者にもサラサラ血液の効果!リンパヨガの仕組み