呼吸機能が高まるかんぬきのポーズ

ポーズの名称と種類

日本語名 :かんぬきのポーズ
英語名 :Gate Pose
サンスクリット語名:パリガ・アーサナ
ポーズの種類:側屈

かんぬきのポーズのやり方

1. 膝立ちの状態から始めます。
2. 右脚を右横にまっすぐに伸ばします。
(足先は右側(外側)に向けます)
(左膝と右足の着地点が一直線上になるようにします)
3. 右手を伸ばした脚の太ももに沿えます。
4. 左腕を上方にまっすぐ伸ばします。
5. 左腕を引き上げながら、背筋を伸ばします。
(上げた手と直下の膝で引っ張り合いましょう)
6. 吐く息で上体を右側に倒していきます。
(腰から折らずに左腕が右上から引っ張られている感覚を持ちましょう)
(前かがみにならないように注意します)
(尾骨を下げてお尻を引き締めておきましょう)
7. 視線は腕越しに天井方向です。
(ポーズの完成)
8. この姿勢で深い呼吸をしながら30秒ほどキープします。
(吐く息で側屈を深め、吸う息で上体を斜めに伸ばします)
(左右の転換)
9. 吸う息で上体をゆっくり戻します。
10. 上げた腕を下ろします。
11. 伸ばした脚の膝を曲げて、膝立ちの姿勢に戻ります。
12. 反対側を行いましょう。
(ポーズのリリース)
13. 吸う息で上体をゆっくり戻します。
14. 上げた腕を下ろします。
15. 伸ばした脚の膝を曲げて、膝立ちの姿勢に戻ります。
16. 正座か子供のポーズで呼吸を整え、心身を休めます。

かんぬきのポーズの注意点

膝が痛む場合は控えるか、ブランケットを敷いて行いましょう。
お尻が後ろに突き出てしまわないように注意しましょう。
椅子に座っての側屈でも効果を得ることができるでしょう。
身体は真横に倒し、前かがみになってしまわないようにします。
無理に横に倒すことのないようにします。
倒すというより斜め上に伸びる意識を持ってみましょう。
横に倒すと呼吸がしにくくなります。呼吸のできる角度を保ちましょう。

かんぬきのポーズの効果

身体面への効果
太もも、ふくらはぎなど脚のストレッチ効果の高いポーズです。
肩周りが柔軟になり肩こりの解消にも役立ちます。
猫背を改善し、姿勢を良くする効果が期待できます。
胸郭がストレッチされ呼吸能力の向上が期待できます。
骨盤を正しい位置に矯正する効果のあるポーズです。
背中や脇腹のシェイプアップ効果が期待できます。
腰痛や座骨神経痛などの関節痛を緩和するとも言われています。
肝臓や腎臓などの腹部組織と肺の活性化に役立つと言われています。
深い呼吸が可能になるため脂肪燃焼効果が狙えます。

かんぬきのポーズのまとめ

脚全体、胸、腹部の柔軟性をトータルに高めることのできるかんぬきのポーズ。特にお腹周りの肝臓や腎臓への働きかけができると言われています。そして肺をリラックスさせ、呼吸機能を強化することも期待できます。このポーズのあとは呼吸がとてもラクに行えるようになるので、心身ともに解放感を味わうことができるでしょう。体側のストレッチは腰痛の緩和にも役立ちます。足腰に疲れが溜まったときやだるさを感じるときにも実践してみてください。筋力強化も期待できるのでスポーツをする人たちのメンテナンスポーズとしてもおすすめです。

ヨガ ヨガ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ヨガポーズとヨガのメリット

体幹を鍛えるネコのバランスポーズのバリエーション

体幹力の強化に役立つ賢者のポーズ

ヨガ呼吸法

太陽礼拝のチャトゥランガとアシュタンガポーズ

骨盤矯正にも役立つねじった横に伸ばすポーズ

美脚効果のある椅子のポーズ

逆転で全身活性!ヨガの肩立ちのポーズ