ヨガ知識股関節と横隔膜と感情の密接な関係・姿勢と身体の巡りを整える骨盤調整ヨガ

三角のポーズ

感情を溜め込む股関節と横隔膜

精神や感情の状態は、身体に出てくると言われています。体格を見てもあらかた性格が見えてくることもあります。股関節や横隔膜は、その柔軟性が感情と大きく関わりがあるのだそうです。ストレスが溜まったり、ネガティブな感情が起こったときに固まり易いのがみぞおちの辺り、つまり横隔膜はダイレクトに影響を受けると言われています。横隔膜は、呼吸や消化を司る胃の働きとも密接な関係にあり、ストレスを受けて、胃潰瘍などの胃腸障害になる人も多いですよね。股関節の動きが狭くなると、活動も狭まります。動くことができないというよりは、動きや変化を拒むようになるとも言われています。頑固な人は股関節が硬い場合が多いようです。それまでの人生で封印してきた感情が蓄積されている場所とも言われるほどです。自尊心の欠如、無価値感があるときは、股関節が固まっているとも言われています。また横隔膜と股関節は大腰筋を介して繋がりがあるため、どちらかが硬ければ、もう一方の柔軟性=可動域も制限されることになります。心と身体は繋がっているものです。身体からのアプローチで、心の柔軟性を手に入れることも可能です。

股関節を柔らかくするポーズ

股関節を柔らかくしたいと思ってストレッチを行う人は多いものですが、痛めやすい部位でもあります。無理のない範囲で徐々に柔軟性を高めていくことを期待して継続していきましょう。

ハッピー・ベイビーのポーズ(アーナンダ バラーサナ)
英雄のポーズⅠ(ヴィーラバッドラーサナⅠ)
英雄のポーズⅡ(ヴィーラバッドラーサナⅡ)
英雄のポーズⅢ(ヴィーラバッドラーサナⅢ)
三角のポーズ(ウッティタトリコーナーサナ)
足の親指をつかんで伸ばすポーズ(ウッティタハスタパーダーングシュターサナ)
開脚前屈(ウパヴィシュタ コーナアサナ)
片脚の鳩の王のポーズ(エカ パダ ラージャカポターサナ)
頭を膝につけるポーズ(ジャーヌシールシャーサナ)
仰向けで足の親指をつかむポーズ(スプタパーダングシュターサナ)
横たわった合せきのポーズ(スプタ バッダ コナーサナ)
座位の開脚脇ストレッチのポーズ(パールシュヴァ ウパヴィシュタ コーナーサナ)
合せきのポーズ(バッダコーナーサナ)
かんぬきのポーズ(パリガーサナ)

股関節が柔らかくなることの効果

股関節が柔らかくなると骨盤の動きが自由になります。骨盤は身体の中心で手脚や肩の動きとも連動しているため、身体全体の動きをラクにしていくことができるのです。股関節の柔軟性は心身の老化とも関連があるので、柔軟性を得ることでアンチエイジング効果が期待できます。間接的に、たるみやシワなどの緩和にも役立つでしょう。ヨガのポーズは股関節に関連したものがとても多いです。全体的にポーズが取り易くなることを感じるでしょう。血液循環が良くなり、冷え性や生理痛の緩和にも有効です。むくみやすい人は股関節をストレッチしてみてください。姿勢や良くなり、腰痛なども緩和されていくでしょう。骨盤が矯正されるので、O脚やX脚の改善にも役立ち歩き方もキレイになると言われています。何より、ケガが予防できるという点は大きなメリットです。

骨盤調整ヨガの基本情報

難易度 ★★☆☆☆
運動量 ★★★☆☆
リラックス度 ★★★☆☆
瞑想効果 ★☆☆☆☆

※上記の5段階度数は平均的な見解での表示をしております。人によって感じ方が異なる場合があることをあらかじめご了承ください。

骨盤調整ヨガの始まりと今

骨盤矯正の必要性は昔から認識されていて、それは整体やカイロプラクティックの中で実践されていました。現代になっても骨盤のゆがみを矯正することのニーズは高まるばかりです。解剖学の視点でのヨガの研究も広がり、骨盤の動きにフォーカスしたヨガとして普及することに繋がってきているようです。骨盤の状態が正常であることは、老若男女すべての人に必要なことです。骨盤調整ヨガは、特に女性の受講者が多く、産後の骨盤の回復の助けにもなっているようです。またインナーマッスル強化や骨盤の動きを重要視するべきスポーツ界のアスリートたちにも実践する人が多いと言われています。

骨盤調整ヨガの特徴

ヨガのポーズの中でも骨盤の動きに着目したポーズがメニューにたくさん取り入れられます。伝統的なヨガポーズとは別に骨盤に効果的に働きかけるストレッチなどが組み込まれるのも骨盤矯正ヨガの特徴です。適切に矯正効果を得ていくには、根本的な骨盤の改善が必要です。骨盤自体は、手足のように動きに大きな変化のある場所ではありません。長年の生活習慣のクセや、そのクセがもたらす骨盤のゆがみは数日で改善できるものでもなく、矯正しては戻り、矯正してはまた戻るが繰り返されます。
ヨガでの矯正習慣によってその戻り幅を小さくしていくことが骨盤矯正ヨガの効果と言えるでしょう。そのためレッスンでのひとつの動きもじっくりと長めです。体幹トレーニング的な要素も十分に含まれています。継続していくことで骨盤にアプローチしていくと共に、良質の筋肉を正しい位置で鍛えることを目標とし、それによって正しい姿勢や身体の動かし方を身に付けていくのがこのヨガの特徴です。

骨盤調整ヨガのポイントとメリット

骨盤は身体の中心に位置しています。骨盤がゆがむことで、身体のさまざまな部位に負担をかけ、不自然な姿勢を招いてしまうのです。これを整えることができるのが骨盤矯正ヨガです。骨盤を正しく整えることによって、心身にさまざまな変化をもたらすと言われています。これは現代人のほとんどが歪みやすい環境で生活しているからとも言えるでしょう。
ウエストの引き締め、血行促進効果、心身のバランス力の調整、姿勢の改善により、腰痛や肩こりの緩和にも役立つとされています。

骨盤調整ヨガはこんな人におすすめ

背骨、股関節、骨盤、肩などに歪みの出やすい人にはおすすめのヨガです。不安定な骨盤の状態が続く産後の女性にとっても恰好の矯正タイミングになるでしょう。また、冷え性やむくみ、婦人科系の悩みを抱える女性にとっては、根本的な改善に導いてくれる救世主になるエクササイズと言えるかもしれません。キレイな姿勢を保ち、いつまでも若々しいスタイルをキープしたいと考える人たちにも人気のヨガタイプと言えます。基礎代謝を上げる効果も期待できるので、ダイエットを目指す人にも人気のあるヨガです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ヨガのポーズ一覧

骨盤底筋を鍛える花輪のポーズ

太ももを柔軟にする片足のカエルのポーズ

普段の呼吸も深まっていく体側を伸ばすポーズ

腰を伸ばして腰痛緩和!座位前屈のポーズ

二の腕をすっきり!東を向いたポーズ

キレイなバストラインが整うラクダのポーズ