ヒップラインを美しくするバッタのポーズ

朝活ヨガと夜のヨガのポーズ

ポーズの名称と種類

日本語名 :バッタのポーズ
英語名 :Locust Pose
サンスクリット語名:シャラバーサナ
ポーズの種類:伏位

バッタのポーズのやり方

1. うつ伏せの状態で始めます。
2. 腕を、身体に沿わせて伸ばします。
(脇は締めておきましょう)
3. 手のひらは、天井に向けます。
4. 額を、床につけておきます。
5. 脚は腰幅くらいに開き、足の甲を床につけます。
6. お尻を引き締め、尾骨を床のほうに下げます。
7. この状態で一度、息を吐き切ります。
8. 息を吸いながら、頭、上半身、腕、脚を浮かせます。
(脚を後ろから引っ張られているように伸ばします)
(肩や腕も後ろに伸ばす意識で背筋が伸びます)
9. 体重を腹部だけで支えます。
(脚の付け根、肋骨も床から離れた状態です)
10. 視線は正面です。
(首の後ろは長く保つ意識を持ちましょう)
(ポーズの完成)
11. この姿勢で深い呼吸を5呼吸、30秒ほどを目安に繰り返します。
(吸う息で脚を後ろにさらに伸ばすようにします)
(ポーズのリリース)
12. 吐く息で上げた上半身と下半身を床に戻します。
13. 静かに呼吸を整え、心身を休めます。
14. 2、3回繰り返しましょう。

バッタのポーズの軽減法

上半身と下半身の両方を持ち上げることが難しい人は、脚だけを浮かせるところから行ってみましょう。
両脚を上げることが難しい人は、片脚ずつから始めても構いません。
手のひらを床につけて、床を押して身体を持ち上げてもいいでしょう。慣れてきたら床から手を浮かせてみましょう。

バッタのポーズの注意点

首が極端に曲がらないように長く保つことを意識しましょう。
腰や首に痛みがある場合は、前を見ず、首を伸ばして床を見ましょう。
腹式呼吸をしっかり行い、呼吸が止まらないようにしましょう。
リリースしたあとは、ゆっくりと休んで弛緩を味わいましょう。

バッタのポーズの効果

身体面への効果
全身の筋肉バランスを整え、強化することができます。
背中の筋肉が強化され、姿勢改善にも役立ちます。
胃や腸などの消化機能の不調の改善、活性化する効果が期待できます。
腹部へのマッサージ効果が高く便秘の改善も期待できます。
軽い腰痛の緩和にも役立つと言われています。
ヒップアップ効果も期待できます。
内臓の下垂を改善する効果があるとも言われています。
生理不順や生理痛の緩和にも効果があると言われています。
膨満感の解消にも役立つと言われています。
血流促進によって疲労回復を促します。

精神面への効果
自律神経のバランスが整い、イライラ感を減らすと言われています。
睡眠障害を緩和する効果もあると言われています。
心を前向きにしてくれるポーズです。

バッタのポーズのまとめ

ポーズをキープしているときは、身体に緊張を感じるポーズです。呼吸が止まってしまわないように注意しましょう。ポーズをリリースしたときに、完全に脱力して緩むという余韻をしっかりと味わうことでポーズの効果がさらに広がります。緊張と弛緩をしっかりと行うことで、血流もさらに促進され身体も温まってくるでしょう。緊張と弛緩の交互の作用によって、自律神経系のバランスも整えることもできると言われています。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

集中力の強化に役立つカラスのポーズ

将来に不安を感じ始めたら第1チャクラ、ムラダラを鍛えよう

NO IMAGE

日本生活環境支援協会の口コミと評判について

ウエストを引き締める捻じった半月のポーズ

NO IMAGE

日本アロマメディカル心理セラピー協会の口コミと評判

太陽礼拝の板のポーズを徹底解説