デトックス効果が期待できる腹部のねじりのポーズ

ポーズの名称と種類

日本語名 :腹部のねじりのポーズ
英語名 :Revolved Belly Pose
サンスクリット語名:ジャタラ・パリワルタナ・アーサナ
ポーズの種類:仰位

腹部のねじりのポーズのやり方

1. 仰向けの姿勢で始めます。
2. 両腕を肩の高さまでまっすぐに開きます。
(手のひらは床につけておきます)
3. 両脚を揃えて、つま先を後方に伸ばします。
4. 一度、息を吐きりましょう。
5. 息を吸いながら腹筋を使って両脚を床と垂直の位置まで上げます。
(できるだけ膝が曲がらないように)
6. 息を吐きながら、上げた両脚を揃えたまま、
7. 膝が曲がらないようにして、脚を左手のほうに落とします。
(真横ではなく斜めに、手のほうに落とします)
(手より上に足がきても構いません)
(背中が浮かないように注意しましょう)
8. 視線を脚と逆側、右に向けます。
9. 右肩が浮きやすいのでしっかりと床に押します。
(ポーズの完成)
10. この姿勢で深い呼吸を5呼吸、30秒ほどを目安に繰り返します。
(吐く息で右肩をさらに落として胸を開きましょう)
(ポーズのリリース)
11. 顔を天井に向けます。
12. 息を吸いながら、両脚を垂直に戻します。
13. 吐く息で、腹圧をしっかりかけて両脚を床に戻していきます。
14. 静かに呼吸を整え、心身を休めます。
15. 反対側も行いましょう。

腹部のねじりのポーズの簡易版

上記のやり方は、脚を上下するときに、腰に負担がかかりやすいので腹筋の弱い人は簡単な方法で行ってみましょう。

1. 仰向けの姿勢で始めます。
2. 両脚を揃えておきます。
3. 右の膝を曲げて、左脚に軽くのせます。
4. 左手を右膝の外側に沿えます。
5. 右腕を真横に伸ばしましょう。
6. ひと息吸い込みます。
7. 息を吐きながら、膝を左側に倒していきます。
8. 同時に視線は伸ばした腕の先へ
9. 右肩が浮きやすいのでしっかりと床に押します。
(ポーズの完成)
10. この姿勢で深い呼吸を5呼吸、30秒ほどを目安に繰り返します。
(吐く息で右肩をさらに落として胸を開きましょう)
(左右の転換)
11. 顔を天井に向けます。
12. 息を吸いながら、上体を正面に戻します。
13. 膝を伸ばして脚を揃えます。
14. 反対側も行います。
(ポーズのリリース)
15. 顔を天井に向けます。
16. 息を吸いながら、上体を正面に戻します。
17. 静かに呼吸を整え、心身を休めます。

腹部のねじりのポーズの注意点

ポーズの完成時には、全身を脱力することでねじりが深まります。
肩や背中、腰は力を抜いておきましょう。

腹部のねじりのポーズの効果

身体面への効果

腹部のシェイプアップ効果が期待できます。
内臓脂肪を燃焼させる効果があると言われています。
内臓の不調を改善し、活性化させる効果が期待できます。
消化器官の調子を整えることができると言われています。
便秘解消などデトックス効果も高めることができると言われています。
腰や背中、お尻の疲れを取るのにも有効とされています。

精神面への効果
ホルモンバランスの調整にも役立つとされています。
ストレスを緩和する効果に優れています。

腹部のねじりのポーズのまとめ

腰の疲れを取るのに有効とされているポーズです。一日の始まりの硬い身体をほぐすことにも、一日の終わりのリラクゼーションとしてもおすすめのポーズです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

NO IMAGE

日本安全食料料理協会の口コミと評判について

気持ちを晴れやかに!捻じって膝を頭につけるポーズ

NO IMAGE

日本デザインプランナー協会の口コミ評判について

ヨガ ダイエット

ぐっすり眠れるハッピーベイビーのポーズ

究極の安らぎを得る無空のポーズ

伸ばして脚を強くするツルのポーズ