ストレスを緩和する橋のポーズ

橋のポーズのやり方注意点

ポーズの名称と種類

日本語名 :橋のポーズ
英語名 :Bridge Pose
サンスクリット語名:セツ・バンダ・サルヴァンガーサナ
ポーズの種類:仰位 後屈

橋のポーズのやり方

1. 仰向けの姿勢で始めます。
2. 膝を曲げ足裏を床につき、両脚は腰幅に開きます。
(かかとはできるだけお尻に近づけましょう)
(両坐骨と両かかとを一直線上に置きます)
(つま先はまっすぐ前に向けましょう)
3. 腕は身体に沿わせて伸ばし、手のひらを床につきます。
4. 息を吸いながら、足で床を押し、腰を持ち上げます。
5. 伸ばしている腕を床につけたまま、お尻の下で手を組みます。
6. 手の小指側を床に押し付け、さらに腰を高く持ち上げます。
(肩と頭で身体を支えている状態です)
(肩甲骨同士を寄せましょう)
7. 顎は引き胸に近づけます。
8. 上げた腰部の尾骨を膝の方向に下げる意識を持ちます。
(膝が寄ってしまわないように注意しましょう)
9. 視線は天井方向です。
(ポーズの完成)
10. この姿勢で深い呼吸を5呼吸、30秒ほどを目安に繰り返します。
(吸う息で膝を後方に押す意識で身体を伸ばします)
(ポーズのリリース)
11. 吐く息で組んだ手を解いて、
12. ゆっくりと背中、腰の順で床に戻しましょう。
13. 静かに呼吸を整え、心身を休めます。
14. 数回繰り返しましょう。

橋のポーズの注意点

首は伸びすぎると危険です。肩から離しすぎないようにします。
腰を反らないように注意し、膝を後方に押す意識で伸ばしましょう。
呼吸を止めないで、深く行うようにしましょう。
足裏は全体をしっかりと床につけ、脚が左右に傾かないようにします。
内腿に力を込めておきましょう。
首に故障のある人は、適切な指導のもとで行ってください。

橋のポーズの効果

身体面への効果
胸や首、背骨のストレッチ効果の高いポーズです。
猫背を矯正し、姿勢を美しくする効果が期待できます。
お腹のシェイプアップ効果があると言われています。
ヒップアップ効果も期待できます。
インナーマッスルの強化にも役立つポーズです。
軽度の腰痛の改善にも効果があるようです。
腰回りの血行がよくなり生理痛の緩和にも役立ちます。
肺や甲状腺機能の活性化に役立つとされています。
脚の疲れを取る効果もあると言われています。
喘息や副鼻腔炎の改善にも役立つとされています。

精神面への効果
うつ的な気分やストレスの緩和に役立つと言われています。
寝る前に行うと安眠できると言われています。
不安感の緩和にも効果があると言われています。
更年期障害の症状を緩和する効果も期待できます。

橋のポーズのまとめ

身体の固い人でも比較的簡単に取り組むことのできるポーズだと言われています。気持ちよく胸を伸ばすことができるので、呼吸がラクに行えるようになるでしょう。脳を休めることにも有効と言われているポーズなので、心身の疲労感を感じるときには、このポーズを思い出してください。すっきりとした感覚が味わえると思います。普段行わない動きによって解放感も高まります。身体的にも精神的にもさまざまな効果が期待できるポーズなので、ぜひマスターして習慣化されることをおすすめします。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

気持ちよく姿勢改善!ネコの背伸びのポーズ

疲労回復に下を向いた犬のポーズ

伸ばして脚を強くするツルのポーズ

肩甲骨を柔軟にするワシのポーズ

NO IMAGE

日本インストラクター協会の口コミと評判について

ヨガのポーズ一覧

気持ちよく腰を伸ばすワニのポーズ