キレイなバストラインが整うラクダのポーズ

ポーズの名称と種類

日本語名 :ラクダのポーズ
英語名 :Camel Pose
サンスクリット語名:ウシュトラアーサナ
ポーズの種類:後屈

ラクダのポーズのやり方

1. 正座から始めましょう。
(呼吸を整えます)
2. お尻を上げて膝立ちの姿勢になります。
(両膝は腰幅くらいに開いておきます)
3. 息を吸って、片方のかかとを同じ側の手で掴みます。
4. 上体を反らして、もう片方のかかとを同じ側の手で掴みます。
5. 息を吸いながら、尾骨を下げ、お腹を突き出します。
6. 腹筋とかかとを掴んだ両手でバランスを保ちます。
7. 後ろに倒れないように保ちつつ、顎を天井に向けます。
8. 肩と首はリラックスさせましょう。
(ポーズの完成)
9. この姿勢で深い呼吸を5呼吸、30秒ほどを目安に繰り返します。
(吐く息でお腹を突き出し、吸う息で胸を伸ばします)
(ポーズのリリース)
10. 顎をもとの状態に戻します。
11. ゆっくりと上体の反りを解いて膝立ち、もしくは正座に戻ります。
(脚や腰から姿勢を解く意識を持ってください)
12. 呼吸を整えて心身を休めます。

ラクダのポーズの注意点

全体を通して、ゆっくりした動きで背中を反らせるようにしましょう。
腰の弱さ、膝の故障がある方は、控えるようにしましょう。
肩甲骨周りが固い人は、他のポーズでほぐしてから行いましょう。
腹筋を常に使っている意識を保って腰を守りましょう。
尾骨を下げる意識でも腰や背中を痛めることから予防します。
リリースで一気に膝立ちに戻ろうとすると腰に大きな負担をかけるので気を付けましょう。
下半身から曲げる、戻すことを意識してください。
かかとに手がつかないときは、後ろに高さのある物を置いて補助しましょう。
腰に手を当てたままで背中を反っても構いません。

ラクダのポーズの効果

身体面への効果
骨盤矯正、特に反り腰の改善効果があると言われています。
胸や肩周りをストレッチしてバストアップ効果の期待できるポーズです。
肩こり、背中の凝りの解消にも役立つとされています。
背骨を強化し、姿勢を改善する効果も期待できます。
背中の筋肉の柔軟性が高められるポーズです。
胸筋の広がりでポーズのあとの呼吸がラクになるポーズです。
血行も促進されることで冷え性改善やむくみ解消にも役立つとされています。

精神面への効果
背中の筋肉をほぐし、リラクゼーション効果が高いとされています。
不安を和らげてくれる効果もあるとされています。
解放感が得られるのでリフレッシュにはおすすめのポーズです。

ラクダのポーズのまとめ

10秒ほどキープしただけでも、身体の各部位(肩、胸、お腹、背中)へのストレッチ効果が実感できるポーズです。くれぐれも無理をしないように気を付けてください。反りの姿勢になるので、不安感のある人はインストラクターの指導を受けて慣れていきましょう。胸をかなり開く効果があるので、リフレッシュ感を味わうことができるでしょう。背中の筋肉を柔軟にすることで、心身をリラックスさせてくれるポーズです。寝る前のリラクゼーション、寝起きのリフレッシュと両方に効果が期待できますよ。一日数回を習慣にしてみてはいかがでしょうか。

ヨガ ヨガ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

お尻の引き締めに効く!猿王のポーズ

美脚効果のある椅子のポーズ

骨盤矯正にも役立つねじった横に伸ばすポーズ

NO IMAGE

日本インストラクター協会の口コミと評判について

伸ばして脚を強くするツルのポーズ

立位の基本のヨガのポーズ