オープンな心を手に入れる魚のポーズ

ポーズの名称と種類

日本語名 :魚のポーズ
英語名 :Fish Pose
サンスクリット語名:マツヤアーサナ
ポーズの種類:仰位、後屈

魚のポーズのやり方

1. 仰向けに横になります。
2. 脚は、太もも、膝、くるぶし、つま先まで揃えてまっすぐにします。
3. 息を吸って骨盤を浮かせ、
4. お尻の下に両手を敷きます。
(手のひらは下向き、肘はできるだけ寄せ合わせます)
5. 肘で床を押して胸を天井に向けて開きます。
(同時に背中が反っている状態です)
6. 頭頂は床に付けておきましょう。
7. 視線は頭上方向を見つめます。
(上目遣いになるはずです)
(ポーズ完成)
8. この状態で呼吸を続け、30秒ほどキープします。
(胸に十分に酸素を取り込みましょう)
(ポーズのリリース)
9. 肘で床を押して頭をラクに戻し、背中の反りを解きます。
10. お尻の下から手を外します。
11. 仰向けの姿勢で呼吸を整え、心身を休めます。

魚のポーズで胸を開くと…

ヨガでは、胸を開くことは、心をオープンにすることに繋がると考えられています。心臓辺りにある、ハートのチャクラを活性化することができます。また、魚のポーズでは、のど元もしっかりとストレッチするので、いつも言葉をのど元に溜めて、伝えることを飲み込んでしまっているような人のストレスを解消にも役立っていくと言われています。

魚のポーズの注意点

初心者の人は首を痛めやすいので、慣れるまではインストラクターの指導を受けましょう。
途中で何らかの違和感のあるときは、すぐに中止してください。
全体を通して、反動をつけることなく、ゆっくりと動かすことを心掛けましょう。
背中を反りすぎて、首や頭に重心がかかりすぎないようにしましょう。
胸を高く引き上げる意識を持つことで首や腰への負担を減らすことができます。
首や腰に故障のある人はこのポーズを行うのは避けたほうがいいでしょう。

魚のポーズの効果

身体面への効果
呼吸器系の機能の改善、活性化に効果があると言われています。
呼吸が深く、ラクにできるようになるでしょう。
背中を柔軟にすることができ、姿勢の改善にも役立ちます。
ストレートネックの改善にも役立つとされています。
肩こりや背中の凝りを改善する効果もあるようです。
骨盤周りの関節を柔軟にする効果も期待できます。

精神面への効果
背中への刺激、呼吸機能の向上により、不眠的な症状の緩和に役立ちます。
心を晴れやかに、前向きに整える効果が期待できます。
背中が柔軟になることでリラックス効果もがあると言われています。

魚のポーズのまとめ

日常生活の中で、背中を反らせるという行為は、案外していないものではないでしょうか。疲れたときに背伸びをする人は多いと思いますが、自然に身体が反ることを求めている現れです。だからこそ、刺激を与えることで各部位が活性化されたり、柔軟にしたりという効果も如実に感じることができるのでしょう。背中、特に上部への刺激は、安眠に役立つと言われています。魚のポーズはぐっすり眠ることに必要な要素が詰まったポーズなのです。首への負担が大きいポーズだということを心に留めておいてください。呼吸がラクになると解放感も得られるので、心にもきっとよい変化をもたらしてくれると思います。

ヨガ ヨガ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

朝活ヨガと夜のヨガのポーズ

ヒップラインを美しくするバッタのポーズ

骨盤矯正にも役立つねじった横に伸ばすポーズ

バランス感覚がつく立位の半弓のポーズ

NO IMAGE

SARAスクールの口コミや評判について

フッと肩が軽くなる!ネコのねじりのポーズ

骨盤を矯正できる合せきのポーズ