ウエストを引き締める捻じった半月のポーズ

ポーズの名称と種類

日本語名 :捻じった半月のポーズ
英語名 :Revolved Half Moon Pose
サンスクリット語名:パリヴルッタ・アルダ・チャンドゥラアーサナ
ポーズの種類:立位

捻じった半月のポーズのやり方

1. 山のポーズでの始まりです。
(呼吸を深くして、気持ちを安定させてから行いましょう)
2. 右脚を後ろに引き、前後の足幅を1~1.2m開きます。
3. 右足と左足が一直線上になるように位置させます。
4. 息を吐いて、腰に手を置いて股関節から上体を前に倒します。
5. 右手を左足の30㎝ほど前につきます
(肩の真下になるように身体をねじります)
6. 左脚を軸にして床を強く押し、右脚をまっすぐ上げます。
(上半身から上げた右脚が一直線になるようにします)
7. 左腕は天井に向けてまっすぐに伸ばします。
(しっかりと胸を開きます)
8. 視線は上に伸ばした手の方向です。
(ポーズの完成)
9. この姿勢で深い呼吸を5呼吸、30秒ほどを目安に繰り返します。
(吐く息でねじりを深め、吸う息で上の腕を引き上げます)
(左右の転換)
10. 息を吐きながら、上げている腕と脚をおろします。
11. 息を吸いながら、ゆっくり上体を起こします。
12. 足の向きを入れ替えます。
(左足が外側、右足をやや内側)
(左右の足のかかとの位置を一直線上にします)
13. 逆側を、4.のステップから繰り返します。
(ポーズのリリース)
14. 息を吐きながら、上げている腕と脚をおろします。
15. 息を吸いながら、上体をゆっくり起こします。
16. 脚を揃えて立ち、山のポーズに戻ります。
17. 呼吸を整え、心身を休めましょう。

捻じった半月のポーズの注意点

床に手を付けない場合は、ブロックで補助できるといいでしょう。
骨盤を床に対して平行にする意識を持つことがコツです。
上を向くのが辛いときは正面を向いていても構いません。
手や腕にすべての重心が掛からないようにしましょう。
腹筋とお尻に力を込めてバランスポイントを探りましょう。
軸足がピンの伸びすぎて膝がロックされないよう気を付けましょう。
低血圧や頭痛や不眠症の方は慎重に行いましょう。
膝、足首、背中や首に故障のある人、妊娠中の人は控えましょう。

捻じった半月のポーズの効果や効能

身体面への効果

腹部のシェイプアップ効果が高いと言われているポーズです。
下半身の筋力強化、シェイプアップに役立つポーズです。
消化器系内臓の機能を活性化させる効果があると言われています。
足腰の疲れを取り除いてくれるポーズです。
背中や肩の柔軟性を高めるとも言われています。
体幹が鍛えられ、バランス感覚が養うことができるポーズです。

精神面への効果
集中力が養われると言われています。

捻じった半月のポーズのまとめ

自分の体幹が整っていなかったり、まだ体幹を使うという感覚が掴めていないヨガ初心者などにとっては、比較的難易度の高いバランスポーズです。インストラクターの指導を受けながらの習得をおすすめします。ブロックなどを使って、段階的に練習を積んでいき、徐々に慣れていってください。必ずぐらぐらしない安定感を得られる日がきますよ。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

普段の呼吸も深まっていく体側を伸ばすポーズ

ヨガのポーズ一覧

気持ちよく腰を伸ばすワニのポーズ

気持ちを晴れやかに!捻じって膝を頭につけるポーズ

目の疲れに効くウサギのポーズ

立位の基本のヨガのポーズ

ヨガ ダイエット

脚の柔軟性を高める一本足のポーズ