インナーマッスル強化に役立つ天秤のポーズ

ヨガ

ポーズの名称と種類

日本語名 :天秤のポーズ
英語名 :Scale Pose
サンスクリット語名:トーラアーサナ
ポーズの種類:座位

天秤のポーズのやり方

1. 蓮華のポーズから始まります。
(蓮華坐の完全ポーズが難しい場合は半蓮華座でOKです)
2. お尻の横の床に手をつきます。
3. 息を吐きながら手で床を押します。
4. 腹筋を引っ込める作用で、お尻と脚を床から浮かせます。
(腕の力ではなく腹筋を縮める感覚を持ちましょう)
(手だけで身体を支えている状態です)
(できるだけ膝を上に上げておきましょう)
5. 視線はまっずぐ前方を向けます。
(ポーズの完成)
6. この姿勢で10~15秒ほどキープします。
(ポーズのリリース)
7. 吐く息でゆっくりと脚と尻を下ろします。
8. 呼吸を落ち着け少し休みます。
9. 脚の組み方を入れ替えて行いましょう。

天秤のポーズの注意点

肩、手首に故障がある人は控えるようにしましょう。
肩に力みが加わらないようにしましょう。
蓮華坐の体勢は、足首や膝、股関節に故障のある人は控えましょう。
慣れるまでは、インストラクターの指導のもとでおこないましょう。
腕の力よりも体幹を縮める意識を持つと成功しやすいです。
できるだけ顔の力も抜いておきましょう。

天秤のポーズの軽減法

天秤のポーズは難易度の高いポーズです。初心者の人は、インストラクターの支持を受けて慣れていくようにしましょう。蓮華のポーズを取ることが難しい人は、半蓮華座のポーズから始めて、体幹の感覚を掴むことから始めていくといいでしょう。腕で身体を持ち上げることが難しい人は、ブロックを2つ使って、補助にすることで身体を持ち上げやすくなるでしょう。他のヨガポーズと同じく、できるだけ顔の力を抜いて行えるようになりましょう。歯を食いしばったり眉間にしわが寄ることなく、穏やかな表情を保つことが理想とされています。

天秤のポーズの効果

身体面への効果
手首や腕、肩を強化する効果のあるポーズです。
腹筋を強化することができます。
インナーマッスルの強化に役立つと言われています。
肺の機能が強化され酸素の供給量が増やせると言われています。
お腹周りや二の腕を引き締める効果が期待できます。

精神面への効果
精神を統一し、気持ちを安定させる効果があると言われています。
集中力を向上させる期待ができるポーズです。
心身共にバランス感覚が養えると言われています。

天秤のポーズのまとめ

腕の力というよりも、腹筋やインナーマッスルを意識することでポーズが取りやすくなるでしょう。膝を胸に近づけることを意識して腹筋を縮めてみましょう。呼吸の力を使ってうまく動作とシンクロさせることもポイントになるそうです。腹筋と腕共に相当な力が必要になるポーズです。特に女性にとっては難しく感じられるかもしれません。ブロックなどの補助ツールを使って体幹の使い方の感覚や呼吸とのバランス感覚がうまく掴めるようになってから本来の完成ポーズに挑戦されることをおすすめします。腕の長さは関係ありませんので、腕と身体の動かし方をうまく見につけていきましょう。アームスタンドポーズでは、他にも蛍のポーズがおすすめできます。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

オープンな心を手に入れる魚のポーズ

将来に不安を感じ始めたら第1チャクラ、ムラダラを鍛えよう

消化機能を活性化させる仰向けの英雄のポーズ

ゆっくり休む感覚を味わう子供のポーズ

肩甲骨を柔軟にするワシのポーズ

バランス感覚がつく立位の半弓のポーズ