ゆっくり休む感覚を味わう子供のポーズ

ポーズの名称と種類

日本語名 :子供のポーズ
英語名 :Child pose
サンスクリット語名:バラーサナ
ポーズの種類:座位

子供のポーズの特徴

手足をマットにつく姿勢を取るポーズや、背中を反るポーズのあと、立ち姿勢から座ったポーズに移行するとき、お休みのポーズとしても取り入れられることの多い子供のポーズです。呼吸も深まり、心身を静かに落ち着けることができます。ハードなポーズで乱れがちな呼吸を整えたり、頑張って使った筋肉を休めるのに最適なポーズです。腕を前に出しても、後ろに伸ばしたままでも構いません。このポーズの目的は脱力してリラックス感を味わうことと覚えておきましょう。寝る前に行うポーズとしてもおすすめします。

子供のポーズのやり方

1. 正座の姿勢になります。
2. 両膝の間を肩幅ほどに開きます。
3. 両手を滑らせながら上体を前に倒します。
(手を前に出すのと、後ろに伸ばすほうのラクな姿勢を選びます)
4. 太ももに胸を委ねてつけます。
(膝の間に胸を埋め込むようにしても構いません)
(お尻がかかとから浮かないようにします)
(尾骨を下げることで腰や背中がよりストレッチされます)
5. おでこを床につけます。
6. 肩の力を抜きましょう。
(ポーズの完成)
7. リラックスの状態で深い呼吸を30秒ほど繰り返します。
(吐く息でお腹を凹ませ、吸う息でお腹で太ももを押す腹式呼吸をします)
(長めに行っても構いません)
(ポーズのリリース)
8. 顔の横の床に両手をつき身体を持ち上げ正座に戻ります。
(頭が最後になるようにゆっくりと上体を起こしましょう)

子供のポーズのポイント

安全で負荷の少ないポーズなので、数分間続けて行っても構いません。
このポーズで腰や膝が痛くなる場合は、続けないでください。
腕は前に伸ばすか、後ろに伸ばすか、肩に負荷の少ないほうで行います。
かかとからお尻が離れてしまわないように注意しましょう。
呼吸を深めて、お腹の動きを太ももで感じてみましょう。
足首が伸びにくい人はタオルを丸めて足首に添えると座りやすくなるでしょう。
消化器系に異常がある、妊娠中、膝に故障のある人は控えたほうがよいとされています。

子供のポーズの効果

身体面への効果
疲労回復効果を高めると言われています。
腰を無理なくストレッチでき、腰痛の緩和に役立つポーズです。
呼吸を深めることで背中を内側からストレッチする効果があります。

精神面への効果
脳を休める効果が高く、ストレスを軽減することに役立ちます。
心身共にリラックスさせる効果があると言われています。
神経の高揚を鎮めることのできるポーズです。

子供のポーズのまとめ

正座をすることに負荷を感じない人にとっては、腰や背中を十分に伸ばし、ほぐしの効果も期待できる穏やかなポーズと言えるでしょう。リラクゼーションとともに、自分の内面と向き合い、内側の観察を深めていくこともしやすいです。レッスンに参加している途中でも、めまいがしたり、疲れを感じたりしたときには、このポーズで休息をとられることをおすすめします。インストラクターに対して、失礼になることは少しもありませんので、安全のためにも安心して休むようにしましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

バランス感覚が向上する立木のポーズ

精神安定を落ち着かせてくれる鋤のポーズ

NO IMAGE

SARAスクールの口コミや評判について

NO IMAGE

日本安全食料料理協会の口コミと評判について

NO IMAGE

諒設計アーキテクトラーニングの口コミや評判

肩甲骨を柔軟にするワシのポーズ