すらり脚を手に入れる仰向けで足の親指を掴むポーズ

ポーズの名称と種類

日本語名 :仰向けで足の親指を掴むポーズ
英語名 :Reclining Hand to Big Toe Pose
サンスクリット語名:スプタ・パーダーアングシュタ・アーサナ
ポーズの種類:仰位

仰向けで足の親指を掴むポーズ軽減法

仰向けの姿勢で足先を掴むことが難しい場合は、ストラップ、ベルト、タオルなどの補助具を使って足裏に引っ掛けるようにして行ってみましょう。必要な柔軟性は養われていくでしょう。一日数分行っていくうちに脚を掴めるようになるでしょう。
身体が固い人は、伸ばしている足裏を壁につけて行うと効果的です。

仰向けで足の親指を掴むポーズ簡単バージョン

1. 仰向けの姿勢から始めます。
2. 右膝を曲げて胸に引き寄せます。
3. 右手の3本の指で右足の親指を掴みます。
4. 息を吐きながら、右脚をゆっくりと伸ばします。
5. 右のかかとを天井に向けて押し出します。
6. 上げた脚は床に対して直角にします。
7. 床についている脚は、ひざ裏を床に押し付けます。
8. 可能な場合は、上げた脚を顔のほうへ寄せていきます。
9. 視線は天井です。
(ポーズの完成)
10. この姿勢で深い呼吸を5呼吸、30秒ほどを目安に繰り返します。
(慣れたら、1~3分ほどまで延ばしましょう)
(左右の転換)
11. 息を吸いながら膝を曲げます。
12. 足指から手を離し、仰向けまっすぐの姿勢に戻ります。
13. 反対側の脚も行います。
(ポーズのリリース)
14. 息を吸いながら膝を曲げます。
15. 足指から手を離し、仰向けまっすぐの姿勢に戻ります。
16. 呼吸を整えて心身を休めましょう。

仰向けで足の親指を掴むポーズ上級バージョン

上記のポーズがラクにできるようになったら下記のバージョンにも挑戦してみてください。くれぐれも無理のない範囲で行いましょう。

上記の8番目のステップ以降からご説明します。
9. 上げた脚を伸ばしたまま、外側へ開いて床に近づけます。
10. 足指は掴んだままです。
11. 反対側の腕も真横に開きます。
12. 反対側の手の先のほうに頭を向け、見つめます。
13. この姿勢で深い呼吸を5呼吸、30秒ほどを目安に繰り返します。
(慣れたら、1~3分ほどまで延ばしましょう)
(ポーズのリリース)
14. 頭を正面に戻します。
15. ゆっくりと脚を上方に戻します。
16. 息を吸いながら膝を曲げます。
17. 足指から手を離し、仰向けまっすぐの姿勢に戻ります。
18. 反対側の脚も行います。

仰向けで足の親指を掴むポーズの注意点

筋トレのように体に無理をさせないようにしましょう。
気持ちよく呼吸ができることを優先しましょう。
伸ばしている脚の位置や体勢が変わらないように強くしておきます。

仰向けで足の親指を掴むポーズの効果

身体面への効果
脚全体のシェイプアップ効果が期待できます。
股関節、脚、お尻を柔軟にする効果が期待できます。
背骨を強化し、ゆがみの解消にも役立つと言われています。
軽い腰痛を緩和する効果があると言われています。
生理中の不快な症状をやわれらげることができます。
消化器官の活性化に役立つと言われています。
脚や股関節周りの血行が良くなります。
インナーマッスルの強化にも役立つと言われています。

仰向けで足の親指を掴むポーズまとめ

脚のむくみをすっきりさせる効果も期待できるので、美脚のためのポーズとしてもよく知られています。無理をして太ももの裏や膝裏を痛めないようにしましょう。用具をうまく使った軽減法から試してみてください。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

胸を開くハトのポーズ

ヨガ

身体の浄化を促進する杖のポーズ

伸ばして脚を強くするツルのポーズ

整腸効果抜群!赤ちゃんのポーズ

ヨガポーズ

ストレス解消を助けるコブラのポーズ

心身の安定力がつく英雄のポーズ2