ぐっすり眠れるハッピーベイビーのポーズ

ポーズの名称と種類

日本語名 :ハッピーベイビーのポーズ
英語名 :Happy Baby Pose
サンスクリット語名:アナンダ・バラーサナ
ポーズの種類:寝位

ハッピーベイビーポーズのやり方

1. 仰向けで寝た姿勢から始めます。
2. 息を吐きながら、両膝を曲げて胸に引き寄せます。
3. 両膝を脇に向けて広げます。
4. 脚の外側から両手で両足の外側を掴みます。
5. 脚の開きを胴体よりも広くします。
6. 身体に太ももをグーッと引き寄せていきます。
(脛を床と垂直にするのがポイントです)
(足首は直角に曲げておきましょう)
(足裏が天井に向いている状態です)
7. 背骨や尾骨はしっかり床に落とします。
8. うなじも床につけ首を長く保ちます。
(ポーズの完成)
9. この姿勢で深い呼吸をしながら30秒ほどキープします。
(吐く息で股関節の開きを深めましょう)
(肩や腕が力んでしまわないようにしましょう)
(ポーズのリリース)
10. 吸う息で、両膝を胸の前に戻しましょう。
11. 脚を伸ばして、完全に脱力して休みましょう。

ハッピーベイビーポーズの注意点

妊娠中の人は控えるようにしましょう。
足裏を掴むことが難しい場合は、ベルトなどで補助してもいいでしょう。
足裏を掴むことが難しい場合は、太ももを掴んでも構いません。
膝に痛みを感じる場合は、ポーズを中止しましょう。

ハッピーベイビーポーズのポイント

足と手がお互いに押し合う抵抗を使って股関節を広げていきます。ポーズをとっているときは、股関節周りを圧迫しますが、ポーズをリリースしたあとに横になったとき、しっかりと脱力する時間を取るようにしましょう。血流やリンパの流れが促進されていることを感じることができると思います。リリースした後の気持ちよさを味わうことを逃さないでくださいね!

ハッピーベイビーポーズの効果

身体面への効果
股関節を柔軟にすることができます。
お尻や太ももの裏のストレッチ効果の高いポーズです。
背骨もしっかりと伸ばし柔軟性を得ることができます。
疲労回復を促進してくれると言わるポーズです。
腎臓にも働きかけるため、むくみの解消にも役立つと言われています。
血流を促し、婦人科系の不調を改善する効果もあると言われています。

精神面への効果
不眠気味、寝つきが悪いときに入眠を助けてくれると言われています。
憂鬱な気持ちやもやもやする感情を緩和すると言われています。
脳を休める効果が高くストレスの緩和にも役立つと言われています。

ハッピーベイビーポーズのまとめ

ヨガのポーズというのは分かっていても、クラスでこのポーズをとるのはちょっと恥ずかしさを伴うかもしれませんね。ハッピーと名付けられているのは、赤ちゃんがご機嫌のときに取る姿勢だからと言われています。ですから、このポーズを取ることで心にご機嫌な作用をもたらすことができるのです。不安やストレスの緩和に役立つことでも知られています。心と体が繋がっていることの逆発想ですね。ヨガの思想の中では、股関節の柔軟性は、心の柔軟性に比例しているとも言われる流派もあるようです。足と手の抵抗をうまく活用することで背中や股関節の柔らかさを得ていくことができるでしょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

NO IMAGE

日本安全食料料理協会の口コミと評判について

整腸効果抜群!赤ちゃんのポーズ

骨盤を矯正できる合せきのポーズ

バランス感覚がつく立位の半弓のポーズ

お尻の引き締めに効く!猿王のポーズ

若返り効果に期待!立位前屈のポーズ