お尻の引き締めに効く!猿王のポーズ

ポーズの名称と種類

日本語名 :猿王のポーズ
英語名 :Monkey Pose
サンスクリット語名:ハヌマーナーサナ
ポーズの種類:座位

猿王のポーズのやり方

1. 床に膝立ちになります。
2. 右足を前に、徐々に膝を伸ばしていきます。
3. 無理のない範囲で左足を後ろにずらしていきます。
(腕で身体を支えながら負荷を調節しましょう)
4. 息を吐きながら、左右の脚を完全に伸ばし腰を床に落とします。
5. 完全に床につくことができたら、腕を床から離します。
6. 息を吸いながら背筋を伸ばします。
(後ろの脚を強く床に押すことで背筋が伸びやすくなります)
7. 腕を天井に向けて伸ばし、頭上で合掌します。
(ポーズの完成)
8. この姿勢で深い呼吸を5呼吸、30秒ほどを目安に繰り返します。
(ポーズのリリース)
9. 腕を下ろして床に手をつきます。
10. 手で床を押して腰を持ち上げながら、前脚の膝を曲げます。
11. 膝と手で床を押して身体を持ち上げて、膝立ちに戻ります。
(左右の転換)
12. 前後の脚を入れ替えて行います。

猿王のポーズの軽減法

前後開脚を行う猿王のポーズは、初心者にはたいへん難しいポーズです。無理をして行うと痛めやすいので注意しましょう。軽減法としては、前後の角度を調節することで負担を和らげていきます。鼠蹊部を落としていくときも痛みを感じないということを条件に、筋肉の状態を内観しながら慎重に行っていきましょう。限界を感じる手前で後ろ足を下げることをストップしましょう。継続していくうちに徐々に柔軟性が得られるでしょう。

猿王のポーズの注意点

痛みを感じるまで前後の角度を広げないようにします。
脚を緩めすぎると上半身の重力で押さえつけることになります。
常にいくらかの引き締め感をキープしましょう。
伸ばしている前後の脚の角度は常にまっすぐを保ちます。
後ろに伸ばす脚は、ひざ裏を天井に向けます。
鼠蹊部や太ももに故障のある人は控えるようにしましょう。

猿王のポーズの効果

身体面への効果
足腰の疲労回復に有効とされています。
血行を促進し、冷え性の改善に役立つと言われています。
骨盤のゆがみを改善することも期待できます。
お尻、脚、背中のシェイプアップ効果が期待できます。
身体のむくみを解消する効果があると言われています。
アンチエイジングの効果も期待できると言われています。

猿王のポーズのまとめ

できる人にとっては難なくできてしまう気持ちの良いポーズですが、初心者や身体の固い人にとっては夢のポーズと言えるかもしれません。無理をすると太ももや鼠蹊部、膝裏の故障に繋がりやすいポーズだということを肝に銘じておきましょう。このポーズで痛めた部分というのは完治するまでにとても時間が掛かると言われています。他のポーズも十分に楽しめなくなってしまう可能性があるので気を付けましょう。重力に任せてしまうことなく、脚や股関節の柔軟性と相談しながら徐々に開いていくようにできれば十分です。他のポーズを熱心に継続していくうちに太ももの裏が柔らかくなっていつの間にか開きやすくなるということも可能性は期待できます。まんべんなく柔らかくするということを意識してもいいかもしれません。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

太ももをしっかり伸ばせる三角のポーズ

NO IMAGE

日本生活環境支援協会の口コミと評判について

瞑想効果を高める蓮華のポーズ

バランス感覚がつく立位の半弓のポーズ

首の不調を整える上を向いた犬のポーズ

骨盤矯正にも役立つねじった横に伸ばすポーズ