食生活の思想も含んだジヴァムクティヨガ

ジヴァムクティヨガの基本情報

始まり国 アメリカ
提唱者 シャロン・ギャノン氏とデヴィット・ライフ氏
名前の由来 「ジヴァ」は個人「ムクティ」は解放や悟りを意味することから名付けられています。
難易度 ★★☆☆☆
運動量 ★★★★☆
リラックス度 ★★☆☆☆
瞑想効果 ★★★★☆

※上記の5段階度数は平均的な見解での表示をしております。人によって感じ方が異なる場合があることをあらかじめご了承ください。

ジヴァムクティヨガの始まりと今

始まりは、1984年のニューヨーク、二人のヨガインストラクターがハタヨガ流派の支流として考案したヨガです。ジバムクティヨガは、ヨガのポーズに加えて、5つの基本要素で構成されています。その5つは、ヨガ哲学、非暴力、献身、瞑想、音楽となっています。新しいポーズが開発されたりと、オリジナリティ、クリエイティブ、アート性に富んだヨガスタイルとして、ニューヨークを中心に親しまれているヨガです。世界の9大ヨガのひとつとして大変人気の高いヨガです。残念ながら日本人のインストラクターは少なめのようです。

世界9大ヨガ:ジバムクティヨガ、シヴァナンダヨガ、クリパルヨガ、アシュタンガヨガ、ビクラムヨガ、インテグラルヨガ、ビニヨガ、クンダリーニヨガ、アイアンガーヨガ

ジヴァムクティヨガの特徴

ジヴァムクティヨガはスピリチュアルな概念に重点が置かれています。動物を愛すること、菜食主義としての生きること、環境を保護していくことなどが推奨されているのが特徴です。レッスン中には音楽が流され、エネルギッシュなビンヤサフロースタイルでポーズを取っていきます。運動量は比較的高めと言えるでしょう。ポーズは基本的なものが中心で、初心者でも取り組むことができるでしょう。ヨガでのマットの上を心身の浄化の場として、マットの外での心の在り方や、菜食主義としての実践によって、自分自身と周りのものすべての調和と平和を目指していくヨガです。調和と平和の源はすべて自分の中に在るということを学んでいくヨガと言われています。

ジヴァムクティヨガのポイントとメリット

ジヴァムクティヨガは初心者から上級者まで楽しんで行うことができます。身体の柔軟性やできるできないに関わらず、ヨガの精神と、動きと、呼吸を合わせることに意識を向けていくことが大切と言われています。動きの中で得る集中の感覚、気持ちよい発汗作用、心身のデトックス効果に優れている点がメリットと言えるでしょう。

ジヴァムクティヨガは完全菜食主義が多い

ジヴァムクティヨガで推奨されているのが、菜食主義として生きることです。世の中のベジタリアンにはさまざまな程度(許容範囲)がありますが、ジヴァムクティヨガは、一番厳粛な完全菜食です。ベジタリアンとは主に健康面を重視して肉類を食べないというものです。それに対して、ジヴァムクティヨガの完全菜食は、英語ではヴィーガニズム(veganism)と呼ばれていて、各々の倫理観が原動力となって動物由来のものを一切食べないというものになっています。ヴィーガンスタイルの食生活にも興味のある人にとっても多くのことを学べるヨガと言えるでしょう。

ヨガ ヨガ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ヨガ

記録でみるヨガ哲学

健康に生きるためのヨガ

柔軟性を高め経絡の活性化する陰ヨガ

橋のポーズのやり方注意点

細胞を活性化させるカパラバティ呼吸法

ヨガのポーズにある動物名のサンスクリット語

ヨガ効果を高めるための食事への意識