自分に合ったヨガマットの選び方

ヨガマットは必要?

ヨガでヨガマットを使用することは絶対!というわけではありません。家の床やベッドの上で行っても構わないものです。ただ、安全にポーズを取り、ポーズの効果をより良く得ていくことを考えると、断然使ったほうがいいです。ヨガマットを探すと本当にたくさんの種類が販売されています。選び方のコツをご紹介しましょう。

ヨガマットの役割

ヨガでは、脚を踏ん張ったり、手で支えたりするポーズがたくさんあります。そのときにマットを手足でグッと掴むことが必要です。指を曲げて「握る」というのではなく、パッと広げたその位置を固定する「グリップ」は固い床ではできないことです。グリップして滑らないというのは、身体やポーズを安心して、安定して取るために大切な要素です。余計な力が入ることも防ぎます。そのポーズで働きかけるべき筋肉にしっかり刺激を与えることができます。これは、ベッドだと不足することが考えられるでしょう。マットは、薄くてもクッションの役割も果たします。膝や肘をついたときの痛みからも保護してくれます。気温の低いときの保温の効果もあります。

迷うマット選び!基準スタイル

たくさんあるマットの種類、何がどう異なるのでしょう。
重さ、大きさ、厚さ、素材、価格、デザインや色などが挙げられます。

大きさに関してはあまり幅はなく、サイズは一般的に173cm×61cmが標準です。重さは、持ち運びして使う人にとっては、ポイントになります。厚さや素材を確認して選びます。旅行で持って行く場合は、タオルのようにコンパクトに折りたためるタイプのものも便利です。ただ、通常のヨガでは、薄すぎても厚すぎても難点。厚みは、3㎜のものから1㎝以上のものがあり、通常では6㎜程度がポーズを取りやすいでしょう。価格、デザイン、色は人それぞれの好みと許容範囲で選んで構いません。

自分のヨガの動きがどの程度か、汗をどのくらいかくかという点では、素材が左右することになります。素材の種類は、PVC(ポリ塩化ビニール)、PER(ポリマー環境樹脂)、マイクロファイバー、天然ゴムなどがあり、価格も素材によって変動するようです。PVC(ポリ塩化ビニール)は安価で軽いですが、滑りやすいので、大きく動くスタイルのヨガ、汗をたっぷりかくヨガの場合は避けたほうがいいでしょう。天然ゴムの場合は、滑りにくく、耐久性にも優れいているのですが、匂いがきついことがあります。購入を検討する際には気に掛けてみてください。マットの色もバラエティに富んでいて好みで選べますが、できるだけ落ち着いた色のほうがリラクゼーション効果が高まります。クラスに持って行く場合は、周りの人の視覚への配慮も必要ですね。

初心者におすすめのマットの基準

初心者ならまずは適度に厚みのある6㎜のマットをおすすめします。1枚目は安価なポリ塩化ビニール製のものです。ヨガのスタイルが自分に浸透してきたら、持ち運びなどの使い勝手、1枚目を使ったときの感想などを踏まえて本格的なマットを選んでいくといいでしょう。その間にインストラクターやヨガ仲間からの情報も入ってくると思います。まずは、安全性という面をしっかり配慮して1枚を手に入れてください。

ヨガ ヨガ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

チャクラバランスを整え潜在能力を発揮するために

ヨガ呼吸法

身も心もデトックスできる呼吸法、カパラバティ

自律神経と呼吸の関係

朝ヨガポーズと注意事項

シヴァナンダヨガの12種類の基本ポーズ

初心者も効果的で綺麗なポーズ!ホットヨガのルキナについて

妊婦さんから産後のママもできるヨガの種類