第7チャクラを活性化するヨガポーズ

第7チャクラ

チャクラの名前 サハスラーラ チャクラ
チャクラの位置 頭頂部
シンボルカラー 紫
影響する部位  脳幹、脊髄、神経系、松果体
影響する知覚  自己の超越

関連キーワード
使命との繋がり、人生の目的、思いやり、配慮、至福、奉仕や瞑想を伴う愛、神性、霊性、高次元、ハイアーセルフ、超越、光、統合、天職、純粋。

チャクラの特色

第7チャクラは、一番上位、高位のチャクラであり、霊性や意識次元の拡大、私たちの創造性を全般的に司るチャクラです。心身の向上性を超えて、魂の成長を信じ、感じ取り、それを私たち自身が経験によって確信するためのチャクラです。第5チャクラと第三の目(第6チャクラ)をしっかり覚醒することができたときに、この第7チャクラへの働きかけが始まっていくとも言われています。精神性への目覚めと自己の使命に生きることへのサポートという役割を持つチャクラです。

チャクラのバランスが取れているとき

第7チャクラが活性化され始めると、とても整った、かつ高い波動を発している状態になると言われています。宇宙や現実では認識しにくい高次のものから守られている感覚が強まり、その力に協力にサポートされて自分の感性も磨かれていくと言われます。今までに思いつかなかったレベルのイメージ、アイデア、発想や想念を抱くと言われます。授かるという感覚を覚える人もいるかもしれません。自分の人生の目的を見出し、あるいは思い出し、才能をうまく生かす領域に入った状態になります。自分のリミットを外して、無限の可能性に向かっていくことができるレベルへの到達なのです。既にスピリチュアルか現実かという判断をせず、世界(宇宙)の真実を認識し、受け止めきれるだけの自己成長を遂げた悟りの段階です。

チャクラがブロックされているとき

この第7チャクラに関しては、他のチャクラが覚醒しない限り「開く」ということはないと言われています。そのため、バランスや強弱で表現したり、判断することは難しいかもしれません。

したがって、このチャクラが閉じている状態というのは、どこかのチャクラに滞りがあることになります。疲労を感じる、なかなか決断できない、頑固になるということが続くでしょう。生きていく目的も曖昧なままであることが多いでしょう。現実世界でのものごとの何らかに問題を感じている状態です。それが現実に抱えている問題か、そう捉えているかに関わらす、感じている=まだ悟りに行きつけていない状態と言えるでしょう。第7チャクラが活性化しすぎているときも、良いとは言えない状況です。汚染物質に過敏になったり、よく分からない言動を発するようになったりします。躁鬱の傾向が見られたり、強迫観念や混乱が増えると言われています。松果体と下垂体、脳及び神経系を司っており、これらに病的な症状が出やすいと言われています。

チャクラを活性化するポーズ

プラサーリタ・パードゥッターナ・アーサナ(ピラミッドのポーズ)
サランバシールシャアーサナ(頭立ちのポーズ)
バカアーサナ(鶴のポーズ)
サランバサルヴァーンガアーサナ(肩立ちのポーズ)
シャシャンカーサナ(ウサギのポーズ)
シャバーサナ(無空のポーズ)

ヨガ ヨガ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

天然温泉で癒やし効果付きのヨガ!熊本県のヨガスタジオについて

少人数で効果的にポーズするヨガ!溝の口周辺のヨガスタジオ

初心者も効果的で綺麗なポーズ!ホットヨガのルキナについて

ヨガとアーユルヴェーダの関係

初心者も安心して自宅でできる陰ヨガの経絡のこと

第4チャクラを活性化するヨガポーズ