独特の呼吸法を行うアートオブリビングヨガ

アートオブリビングヨガの基本情報

始まり国 インド
提唱者 シュリ・シュリ・ラヴィ ・シャンカール師
名前の由来 NGOアートオブリビング財団の名称
難易度  ★★☆☆☆
運動量  ★★☆☆☆
リラックス度 ★★★★☆
瞑想効果 ★★★★☆

※上記の5段階度数は平均的な見解での表示をしております。人によって感じ方が異なる場合があることをあらかじめご了承ください。

アートオブリビングヨガの始まりと今

「平穏な心と健康な身体作りを通して人生の質を高めることを目的とする」という創始者の思想のもと、そのヨガの教育も140か国に上る慈善活動の一環として行われれうようになっています。1980年以降に始まったヨガ流派の中でもかなり若い団体のようです。アートオブリビングヨガで行っていく独特の呼吸法、であるスダルシャン・クリヤ呼吸法は世界的にも知られるようになっているようです。サハジ・サマディ瞑想法、そしてヨガのポーズを日常生活にも取り入れていくことによって、社会から暴力やストレスをなくし、人々に平和を広げていくことを目的としてワークショップなどでその手法を伝授されています。

アートオブリビングヨガの特徴

スダルシャン・クリヤ呼吸法という独自の呼吸法を実践することからアートオブリビングヨガが始まります。入門時点で指導されることからも、それほど難易度の高いものではないと考えられます。呼吸によって身体に気を巡らせ、活性化し、心身のバランスの調整することを目指します。ストレス解消などにも句かがあるとされています。この呼吸法のストレス低減効果や集中力の向上効果は、科学的にも立証されているのだそうです。瞑想は、マントラを唱えるサハジ・サマディ瞑想が取り入れられ、ヨガのクラスでも取り入れられます。本来このマントラは、受講者に授けられる独自の言葉なのだそうです。究極の休息&充電法と言われています。正しく効果的にアーサナ(ポーズ)を学び、自宅でできるように指導されることも特徴です。

アートオブリビングヨガのポイントとメリット

ポーズで積極的に動くことよりも、呼吸法と瞑想の要素が比較的強いヨガです。精神性を高める目的のヨガと言えるでしょう。呼吸法の効果は科学的にも研究が進められていて、内側からの浄化を可能にすると言われています。現代社会の緊張やストレスを効果的に解くテクニックを学べるため、リラックスとエネルギーの増強に役立つとも言われています。心と身体、感情、呼吸をどのようにバランスをとっていけばいいのか、どのように整えるのかという点は、古代ヨガの貴重な知恵とテクニックが基になっていると言われています。スローに動いていくものからエネルギッシュなものまでさまざまに組まれるようですが、比較的ベーシックなものと考えることができるでしょう。

アートオブリビングヨガはこんな人におすすめ

難しさやケガの心配もなく、自宅でも習慣的に取り組めるヨガを探している人にはおすすめの指導法と言えるかもしれません。また、ヨガを通して世界の慈善活動に関わりたい、興味があるという人は、一度ワークショップなどに参加されてみてはいかがでしょうか。

ヨガ ヨガ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ヨガポーズとヨガのメリット

ヨガ的毒素を溜めない食事法

アイアンガーヨガの概要

朝活ヨガと夜のヨガのポーズ

朝活ヨガの食事とダイエットポーズ&夜寝る前の注意事項とポーズ

ヨガ

ヨガに最適なティンシャの使い方

ヨガ継続を確実にする5分からのミニマム習慣

アシュタンガヨガの概要