炎の癒しに満たされるキャンドルヨガ

キャンドルヨガの基本情報

難易度 ★★☆☆☆
運動量 ★★☆☆☆
リラックス度 ★★★★☆
瞑想効果 ★★★★☆

※上記の5段階度数は平均的な見解での表示をしております。人によって感じ方が異なる場合があることをあらかじめご了承ください。

キャンドルヨガの特徴

キャンドルヨガは、ヨガをする空間を真っ暗にして、キャンドルの明かりの中で行うヨガです。クラスによってキャンドルの数は異なりますが、10~100個のキャンドルが灯され、幻想的な空間の中でのヨガは、通常のヨガでは得られない感覚をもたらします。しかし、キャンドルは、ただの雰囲気づくりのためのものではなく、ゆらゆらとオレンジ色に光る炎には、科学的にもヒーリング効果やセラピー効果が高いことが実証されているようです。そのため、流派という括りに関係なく、多くのリラックス系のヨガクラスで取り入れられるようになっています。

キャンドルの炎の癒しの効果

ろうそくを灯すと、空間にマイナスイオンが発せられるのだそうです。マイナスイオンというのは、森林浴や滝などで感じることができるものと言われていますが、お部屋の中でも実現できるということですね。ろうそくのマイナスイオンの発生量は、実は、森の木々や滝に流れる水から発せられる量よりも多いと言われています。マイナスイオンは、疲労感の緩和、ストレスの解消に役立つと言われています。

またろうそくの炎の揺らぎは、1/fという周波数にあてはまるのだそうです。ゆらゆらと揺れる炎を見て落ち着きを感じた経験のある人は多いのではないでしょうか。1/fのゆらぎは、音楽や小川のせせらぎのような自然音が持つ周波数としても有名ですが、視覚からもその効果を得ることができるのです。穏やかにくつろぎ感を感じることができると言われる周波数です。

ろうそくを灯すことで、空間の消臭、浄化、殺菌の効果を得ることができるとも言われています。呼吸を意識するヨガですから、身体に取り込む空気がキレイなことはメリットですよね。

キャンドルヨガのポイント

ヨガを行っているときに、炎を見つめることで一点集中を見つめるドリスティがより行いやすくなります。炎の揺れは心臓の鼓動とも似ていると言われるので違和感なく集中を助けてくれる対象になるのです。自宅で行う際も、ひとつでもキャンドルを灯しながら行ってみると、リラックス効果と集中力を同時に得ることができると思います。アロマやBGMを加えてみると相乗効果が期待できるでしょう。

キャンドルヨガの効果

精神を安定させる効果が期待できます。
ストレスの解消に効果があると言われています。
疲労感を緩和することに役立つと言われています。
不眠や睡眠障害などの緩和にも役立ちます。
脳がリラックスし集中できるα波の状態になると言われています。
非日常的な空間を味わうことができます。

キャンドルヨガはこんな人におすすめ

エクササイズとしてのヨガというよりも、癒し感を求める人におすすめのヨガです。キャンドルヨガを行うクラスのほとんどは比較的運動量を落としていると思うので、激しく動くのが苦手という人もヨガでの癒し効果を味わうことができるでしょう。マッサージやスパの雰囲気が好みという人にもおすすめします。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ヨガで熟睡を手に入れよう!効果的なポーズ

朝ヨガポーズと注意事項

初心者に効果的な少人数制ヨガを堪能!赤羽駅周辺のヨガスタジオ

ストレス性便秘におすすめのヨガポーズ集

ヨガのポーズ一覧

チャクラのカラーで選ぶヨガウェア

整体とヨガのポーズのコラボ効果!青葉台駅周辺のヨガスタジオ

自然治癒力を高めるインテグラルヨガ