注目を集めるヨガ!指ヨガとは?むくみ改善ポーズ

ヨガ

指ヨガの基本情報

始まり国 日本
提唱者  龍村修氏
難易度  ★☆☆☆☆
運動量  ★☆☆☆☆
リラックス度 ★★★☆☆
瞑想効果 ★★☆☆☆

※上記の5段階度数は平均的な見解での表示をしております。人によって感じ方が異なる場合があることをあらかじめご了承ください。

指ヨガの始まりと今

指ヨガは、ヨガ指導者の龍村修氏によって、高麗手指鍼の相関図を基にして考案されたものです。手にも足の裏と同じく多くのツボがあることをご存知の方は多いと思います。手も人間の身体の縮小版のようなものでそれを表したものが高麗手指鍼の相関図なんですね。経絡の流れを調整するものとしても活用されています。指ヨガでは、手の各部位を押したり、揉んだり、ほぐしたり、伸ばしたりしていきます。さらに呼吸を組み合わせることで効果を高めていくものです。どこでも誰でも本の1分からでも取り組むことのできる指ヨガは、年齢層を問わず多くの人に活用されるようになっています。

指ヨガでの呼吸法とは

指ヨガでは、ツボを刺激する際に、深い呼吸を合わせることが推奨されています。基本的には、押したり反らしたりするときは、息を吐くことに意識を向けてみましょう。腹式呼吸を行うのが理想です。鼻から息を吸い、倍の時間をかけて息を吐くことがポイントになります。同時にツボへの刺激を行ってみてください。

指ヨガの身体への効果

手を数分間、揉んだり回したりするだけで身体を柔軟にしていくことが可能と言われています。また、体内の神経系を刺激することで脳の活性化にも大きく役立つと言われています。血行が良くなり、冷え性の改善効果も期待できるでしょう。身体の部位に対応したツボを刺激することで不調を緩和し、改善する効果があるとも言われています。内臓機能を活性化する効果も期待できます。

指ヨガのココロへの効果

脳に刺激が伝わることでセロトニン、オキシトシンなど心身をリラックスさせるホルモンの分泌が盛んになると言われています。イライラや不安、焦りなどが緩和され、自律神経のバランスを整えることにも有効とされています。自分の身体の不調や変化を見つめて、指ヨガによって緩和や解消を考えるようになり内観力を高めていくことにも繋がります。胃腸の調子を正常化することもできるので食欲不振や便秘気味の人にもおすすめです。

指ヨガの美容効果

指ヨガはダイエット効果が期待できるとも言われています。指ヨガの刺激は姿勢を良くすることにも有効で適切な筋肉が付けられることもその一因となっているようです。肩こりや腰痛なども緩和していくことができます。関節の柔軟性が高められるので日常生活での動きも大きく、活発になることも挙げられます。血流を促すことができるので、新陳代謝が正常に行われ、美肌への効果も期待することができるでしょう。

指ヨガの注意点

食後すぐに行うのは避けましょう。足裏と同じく痛みを感じる場所は、そのツボに対する身体の部位が弱っているとも言われています。あまり深刻にならずに指ヨガで元気づけていくという気持ちで気軽に行うことが大切です。仕事や家事の合間のリフレッシュのひとつに加えてみてはいかがでしょうか。

ポーズの名称と種類

日本語名 :頭を膝につけるポーズ
英語名 :Head-to-Knee Forward Bend
サンスクリット語名:ジャーヌ・シールシャ・アーサナ
ポーズの種類:座位

頭を膝につけるポーズのやり方

1. 両脚を前に伸ばした姿勢で座ります。
2. お尻の肉を外側にかき出し、座骨を均等に床に沈めます。
3. 足首を直角にしてかかとを押し出します。
4. 右膝を曲げて外側に開きます。
(足裏を左太ももにつけましょう)
5. 曲げた右足のかかとを鼠蹊部にできるだけ引き寄せます。
6. 伸ばしている左足のかかとを前方に押し出します。
7. 息を吸いながら背筋を伸ばし、上体をやや左側に傾けます。
(左脚を正面にした状態です)
8. 息を吐きながら股関節から状態を倒します。
(左脚の方向にまっすぐ倒れます)
(お尻を後ろに引くように倒してみてください)
9. 手は左脚のサイドにつき、前に滑らせていきます。
10. 可能な範囲の前屈でキープします。
11. 腹部が太ももについてから、みぞおち、肋骨、頭の順に脚につけます。
(つかなければそれ以上前屈させないこと)
12. 視線はつま先を見つめましょう。
(ポーズの完成)
13. この姿勢で深い呼吸をしながら1~3分ほどキープします。
(吸う息で背筋を伸ばし、吐く息で前屈を深めましょう)
(左右の転換)
14. 吸う息でゆっくりと上体を起こしましょう。
15. 曲げた脚を伸ばします。
16. 反対側も行います。
(ポーズのリリース)
17. 吸う息でゆっくりと上体を起こしましょう。
18. 曲げた脚を伸ばします。
19. 呼吸を整えて、心身を休めます。

頭を膝につけるポーズの軽減法

十分に前屈ができてないと思われる場合は、無理に倒そうとせず、ストラップやベルト、タオルなどを伸ばした足裏に引っ掛けて補助しましょう。深い前屈でなくてもストレッチ効果が得られ、柔軟にしていくことができるでしょう。

頭を膝につけるポーズの注意点

太もものハリを感じないところでキープしましょう。
緊張感があるとストレッチ効果が得られません。
痛みがあるとリラクゼーション効果も得られません。
足先に手を付けることを目標にしないでください。
背中が丸まると効果が得られません。しっかりと伸ばしましょう。
背中や太ももを痛めている人は無理をせずに行いましょう。
喘息、下痢の人は控えたほうがいいでしょう。
骨盤をできるだけ前に傾けるようにしましょう。
肩や首が力むことのないようにしましょう。

頭を膝につけるポーズの効果

身体面への効果
むくみを解消する効果が高いと言われています。
太ももの裏側、背中の柔軟性を高めるポーズです。
背中のゆがみの改善に役立つと言われています。
腰痛を緩和する効果も期待できます。
腰回りのシェイプアップ効果が期待できます。
下半身の疲労回復を促すと言われています。
内臓の働きを良くする効果が期待できます。
消化機能も高めてくれると言われています。

精神面への効果
意識を自分の内側へ向ける効果がありリラクゼーションを促します。
副交感神経を優位に働かせ、神経を鎮めることができます。
ストレスからの頭痛や不安の緩和に役立つと言われています。

頭を膝につけるポーズのまとめ

比較的難易度の低いポーズで、自宅で時間のある時や、寝る前のリラクゼーションとして行うのもおすすめです。注意ポイントは背中を丸めてしまわないことです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ヨガポーズ身体の部位のサンスクリット語

初心者でも挑戦!ヨガの難しいポーズのやり方と効果について

初心者でも始めやすい総合習得のクリバルヨガ

朝活ヨガと夜のヨガのポーズ

第6チャクラを活性化するヨガポーズ

隠ヨガの概要

働く男性におすすめのヨガのポーズ