朝の5分のヨガの効果とおすすめのシークエンス

ヨガのポーズ一覧

朝ヨガをした後の効果とは

朝の気分がパッとしないという人はいませんか?機嫌が悪いとか、悩み事があるというわけではないのだけれど、朝は苦手という人に朝のヨガ習慣をおすすめします。気持ちの良い朝が迎えられるようになりますよ。朝に活発に身体を動かすことで、気分が晴れやかになります。ヨガのポーズにその効果が隠れているのです。そして仕事や一日の活動のために使う脳の働きも活性化することが分かっています。何より身体が軽く感じられるので、一日を通した活動サイクルにきっと変化が起きてくるでしょう。最初は5分でも十分です。無理のない範囲で始めてみてください。その5分で何をしたらいいの?どんなポーズが効果的なの?という人のためのポーズの流れをご紹介しましょう。

5分でもできる太陽礼拝

太陽礼拝(サンサルテーション)は、朝に行うのが最もおすすめのシークエンスです。全身を使う要素が12種類のポーズの中にまんべんなく盛り込まれていて朝の活力チャージにはぴったりなのです。5分なら1~2回程度だと思います。呼吸を意識して、ゆっくりと丁寧に行ってみてください。できれば、朝日を浴びながら行うことができると贅沢な時間となるでしょう。この太陽礼拝は、15分間、2週間ほど続けていると体つきにも変わってくるとも言われています。慣れてきたら、気持ちよくなってくるはずなので、少しずつ時間や回数を延ばしてみるのもおすすめです。また、体力や筋力の強化も促すので、毎日感じる疲れもきっと少なくなっていくでしょう。ヨガには、他にもさまざまなポーズがありますが、朝のヨガとしてはピカイチの内容になっています。

ベッドの上での5分で可能なポーズ

始めの儀式を決めておくのがおすすめです。例えば、アラームを止めたあとにするひとつの動作が「ヨガ開始」の合図になります。小さなことで大丈夫です。例えば、背伸びをする、手をグーパーしてみる、アラームの隣に置いておいたミネラルウォーターを飲むなど簡単なことで動作を誘導していきましょう。一日使っていく身体が元気に動ける準備をポーズをとることでしっかり整えていきましょう。ベッドの上でも十分に可能です。各ポーズのポイントをしっかり意識しながら、そして呼吸を忘れないで気持ちよく行ってください。ポーズのホールドは30秒ほど、5呼吸くらいを目安にしましょう。ひととおり終わると脳もすっきり目覚めて、身体の動きも取りやすく軽く感じられると思います。ぜひ、試してみてください。

ポーズ1 橋のポーズ(セツ・バンダ・サルヴァンガーサナ)
腰を持ち上げて、肩から膝までを一直線に保ちます。
ポーズ2 赤ちゃんのポーズ(パバムクタアーサナ)
橋のポーズで腰を使ったので反対の動きが効果を高めます。
ポーズ3 プチワニのポーズ(ジャタラ・パリワルタナ・アーサナ)
捻じりで身体をほぐします。両側行うことを忘れずに。
ポーズ4 仰向けの鳩のポーズ(スプータ・カポターサナ)
骨盤を矯正し股関節の柔軟性を高めます。両側行うことを忘れずに。
ポーズ5 仰向けの合せきのポーズ(スプタバッダハコナーサナ)
最後のリラクゼーションとして合せき入れてみましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

体内の浄化を促すナディショーダナ

ヨガポーズとヨガのメリット

ハタヨガの基本のポーズ

第2チャクラを活性化するヨガポーズ

冷房が苦手ならシータリー呼吸法で心身を冷ます

どれ着てヨガする?豊富なヨガパンツの種類

親子でできるヨガの流派