ポーズの意味の理解に初心者にも効果的!ヨガの八支則について

ヨガの効果リラックス

ヨガの教えには、アシュタンガ=八支則(はっしそく)という八つの段階・行法があります。八支則とは、ヨガを実修する上での8つの習熟段階を示すものです。
パタンジャリという聖者が説いたもので、ヨガの聖典とされるヨーガ・スートラの中に出てくる概念です。

ヤマ

ヨガの八支則において自制を意味する概念で、社会や他者など、自分以外の外のものに対してしてはいけないことを表します。生活の中で行なってはいけない五つの心得を表します。
人間のエゴを外の世界に押し付けるのではなく、人間と環境が調和しつつ相互に良い関係を保っていくためのものです。
暴力をふるわない(アヒムサー)、嘘をつかない (サティヤ)、盗まない (アステーヤ)、節操を守る (ブラフマチャリア)、執着しない (アパリグラハ)、の五つに分かれます。

ニヤマ

自分自身と良い関係をつくるために、ヨガなどで積極的に実践すべき自己鍛錬や、精神的に守るべきことです。八支則において実践すべき5つの行動を表します。
清潔を保つ(シャウチャ)は、体を清潔にすることで意識を研ぎ澄ませ、自分の内面を見つめ直す心構えを形成します。
必要最小限(サントーシャ)は、 与えられた環境に感謝し、そのままで満たされている事に気づき満足することです。
何事も一生懸命行う(タパス)は、目標を設定して努力し、自己修練を行うことです。探求する((スヴァディアーヤ) は、日々何かに挑み、自己の智恵を磨くことです。
祈る(イーシュヴァラ・プラニダーナ)は、自分の限界を受け入れることで、意識の呪縛から解放されることです。

アーサナ

一般にヨガという呼称で実践されているものです。サンスクリット語で座るを意味するアースという言葉に由来します。
深くゆっくりとした呼吸を行いながら、身体を一定の形に保つことで、体と心を瞑想状態に導くものです。

プラーナヤーマ

宇宙に満ちている生命エネルギーであるプラーナを、呼吸によってコントロールしようとするものです。
深く穏やかな呼吸によってプラーナを体内に取り入れることで、見えないエネルギーの流れを調整します。
正しい呼吸法によって神経のバランスをとったり、体温を調節したりします。体だけでなく精神のバランスも整えて、心に意識を向けられるようにします。

プラティヤハーラ

ヨガにおいて感覚に意識を向け続けることで五感を研ぎ澄ませ、瞑想の境地に近づくことを目指すものです。普段自分の外側に向いている五感を内側に向けることで、感情に振り回されない内的感覚を高めます。

ダーラナー

一つの対象や場所に集中することで、放っておくとあちこちにさまよってしまう心を制御するものです。八支則においては、ダーラナー、ディヤーナ、サマーディは三つ合わせて一つの大きな内的統制を形成します。
ろうそくの炎や自分の眉間の間など、何かに集中することで意識の安定を目指すものです。

ディヤーナ

ヨガにおける深い瞑想状態を表すものです。ダーラナーにおいて一点に集中していた心が、その対象と同化して日常の意識の壁を超えていく状態です。

サマーディ

八支則において、ヨガの最終段階を表すものです。自分が瞑想をしているという意識がなくなり、対象と完全に一体になる状態のことです。

まとめ

八支則は、ヨガの聖典ヨーガ・スートラに記載されている概念です。ヨガの到達段階を八つの指針によって示すものです。
八支則を意識しながら日々のヨガを実践することで、深遠なヨガの世界により深く触れることができます。

ヨガ ヨガ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

初心者のポーズの練習に最適!ヨガに効果的なミュージックCD

効果的な空中ヨガで簡単ポーズ!山形市のヨガスタジオについて

捻じる!ヨガで頑固な下腹のお肉をすっきり!

朝ヨガポーズと注意事項

ヨガでシシャモふくらはぎ脱却!脚に効くポーズ集

ヨガポーズとヨガのメリット

身体を浄化するバストリカ呼吸法

朝ヨガ

ヨガ初心者も上級者も読むとヨガが変化する書籍