妊娠生活に効果的なポーズ!マタニティヨガの特徴について

マタニティヨガは、妊娠中でもヨガを楽しめるように構成されたヨガのプログラムのことです。
妊娠中でも無理のないポーズや呼吸を集中して行うことで、肩凝り、腰痛、冷え性、便秘などの妊娠中に多い悩みを緩和します。

マタニティヨガの特徴

マタニティヨガを毎日定期的に行うことで、自分の体や心の状態、赤ちゃんとのふれあい、日々の生活など、自分を取り巻く環境について整理するきっかけにすることができます。
忙しいときは一つのポーズを実行するだけでも、気分転換やリラックスのきっかけにすることができます。仕事や家事の合間など、少しの時間があればマタニティヨガは実行できます。
妊娠中にヨガを頑張れば、産後の回復力も向上するので、出産時によいスタートを切ることができます。

マタニティヨガと瞑想

マタニティヨガを通じて瞑想の習慣を会得することで、胎児とコミュニケーションをとる能力を向上させることができます。
ゆっくりと瞑想する時間を作ることで、ストレスが溜まりがちなマタニティライフにおいて、静かに自分と向き合う習慣を得ることができます。

スタジオでマタニティヨガ

マタニティヨガはヨガのスタジオでも実施していることがあります。参加する条件は様々ですが、スタジオによっては担当の主治医や助産師からヨガなどの運動をしてもよいという許可が必要な場合もあります。
スタジオやスポーツジムでのマタニティヨガは同じ妊婦同士が大勢集まるので、お互いに共通の話題を作ったり、悩みを話し合ったりできます。

マタニティヨガの呼吸法

マタニティヨガを行う際の基本的な呼吸法は、通常のヨガと同様に腹式呼吸です。口で息を吸うのではなく、鼻で深い呼吸を行います。
腹式呼吸の特徴は、胸部ではなく腹部に深く空気を入れてくことです。鼻から息を吸ってお腹に空気を溜めていくと、やがて体全体が膨らんで後ろへ動くような感覚があります。その後、息を最後まで吐き切ると、体全体がしぼんで前に戻っていきます。
深い腹式呼吸を上手に行えるようになると、体の隅々に酸素が行き渡り、体が温かくなってきます。それによってくつろいでストレスを解消できます。

マタニティヨガの服装と持ち物

マタニティヨガの服装は、ゆったりとした服装を心がけることが大切です。お腹が大きくなってくると、体を締め付けるタイトな服は着るのが難しくなってきます。専用のウェアだけでなく、動きやすい大きめのシャツやレギンスも便利です。
マタニティヨガをする際は、ヨガウェアなどの動きやすい服装、ヨガマット、補助用ブロック、汗を拭くタオル、水分を補給するための飲料などがあると便利です。
ヨガマットがないときは、バスタオルや毛布を薄く折って使い、関節を痛めないように気をつけてくださいね。立って行うポーズでは滑りやすいので、ヨガマットがないときは外しましょう。
妊娠の週数が進むと体が重くなって関節に負担がかかりやすくなるので、ヨガマットを使うと安心です。マットがないときは、毛布やバスタオルを薄く折って代用することができます。その場合は、フローリングの上で使用すると滑りやすくなるので注意します。

まとめ

マタニティヨガは妊娠中でも無理なく行えるヨガです。静かに自分と向き合う時間を作ったり、妊娠中の肩こりや冷え性を改善することができます。
マタニティヨガは深い腹式呼吸で行います。ゆったりした服装やヨガマットを使用すると、体や関節を痛めにくくなります。

ヨガ ヨガ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ヨガ呼吸法

身も心もデトックスできる呼吸法、カパラバティ

どれ着てヨガする?豊富なヨガパンツの種類

ヨガ

ヨガで冷え性を解消する方法

効果的で安全なポーズの練習に!ヨガでのメガネ着用について

ヨガでダイエットを成功させるための秘訣

自律神経を整える丹田呼吸法のやり方