妊婦さんから産後のママもできるヨガの種類

妊娠中のヨガについての注意点

妊娠中もヨガを行うことが可能です。しかし、普通のヨガのクラスに参加されることはあまりお勧めできません。ヨガは身体全体への働きかけが大きく、ポーズの中には妊娠している母体や赤ちゃんに刺激が強すぎるポーズがたくさんあります。ポーズのやり方の紹介の中でも「控えたほうがよい」とされていることを多く目にすることが多いでしょう。ヨガ好きの人にとっては、妊娠中にヨガができないのは寂しいですよね。また、妊娠中はメンタル的にも不安定になる時期なので、ヨガの精神的な効果を得てリラックスして出産を迎えたいと思われている女性は多いはずです。妊娠中の女性のためのヨガもあります。また産後の骨盤や体型を戻すために、安心して行えるヨガもあります。自分の身体と、そして主治医の先生に相談しながら、うまくヨガの習慣を取り入れていきましょう。自分の身体のためにも、お腹の中の赤ちゃんの成長のためにも、くれぐれも自己判断で取り組むことのないようにしてください。

マタニティーヨガ

ヨガのポーズの中には、妊娠中でも行ったほうがいいポーズはあります。専門のインストラクターの指導を受けながら、健康な母体をキープすることができるのがマタニティーヨガです。不安定な精神面をコントロールする呼吸法や出産時に役立つ呼吸法も学ぶことができると思います。何よりもどんどん重くなっていく身体で生活していく中で溜まっていくストレスの発散にも役立つヨガと言えるでしょう。
身体やメンタルの変化も著しい時期なので、精神的な不安を緩和するのにもヨガのポーズや呼吸法が有効とされています。そのリラクゼーション効果は、お腹の中の赤ちゃんにも良い影響を与えると言われています。マタニティーヨガの安全性は高く、産婦人科やクリニックでも導入されていることがあります。マタニティーヨガを行っている人は、そうでなかった人に比べて出産がラクになるという声も多く聞かれます。妊娠時期の経過に応じて、きちんとしたアドバイスを受けながら行えるので安心です。

産後ヨガ

産後の回復を助けてくれるのが、産後ヨガです。まずは母体を通常の状態に戻すことが先決になるでしょう。特に骨盤はとても不安定な状態になっているものです。また、赤ちゃんに接する中での不安感やストレスも生じてくるでしょう。通常の身体の状態であれば、スポーツやお出かけなどで可能なストレス解消も自由にならないのが出産後ですよね。主治医の先生からのOKがでたら、産後ヨガに参加されてみてはいかがでしょうか。産後の骨盤のことをよく理解したインストラクターが、理想的な骨盤の状態にするためのヨガのポーズやエクササイズ、ストレッチなどをインストラクションしてくれるでしょう。産後ヨガの場合は、赤ちゃんも同行することがOKの場合も多いので、参加もより気軽になるでしょう。

ベビーヨガ

出産後、数カ月たったら、赤ちゃんと一緒にヨガを楽しんでみてはいかがでしょうか。赤ちゃんの首が据わる時期から始めるママたちが多いようです。子育てに慣れないママや、そのケアを毎日受けている赤ちゃんのストレス解消もできると言われています。もちろんママの運動不足の解消にもなりますし、赤ちゃんのための独特の動きは、身体能力や成長を促すとも言われています。

ヨガ ヨガ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

初心者も安心して自宅でできる陰ヨガの経絡のこと

ヨガの補助具!プロップスにはどんなものがある?

ヨガの効果リラックス

初心者におすすめのベーシックなハタヨガ

パワーヨガの概要

第4チャクラを活性化するヨガポーズ

初心者でも挑戦!ヨガの難しいポーズのやり方と効果について