ヨガの資格「全米ヨガアライアンス」とは

ヨガ

ヨガを始めて数か月経つと、身体の変化を感じることが出来たり、気持ちが前向きになったりと、いいことづくめ、もっとヨガを深めたい、周りの友達や家族に教えたいという気持ちになる人も少なくないのではないでしょうか。そんなときにまず多くの方が思いつくのは、ヨガスタジオで開校されているティーチャートレーニングのコースに通うことでしょう。全国各地で開かれている講座は、通学型、単位制、または短期集中型、留学のような形で海外でとれるものもあり、そのタイプは千差万別です。仕事や家事と両立しながら取れるもの、またはまとまった時間のあるときに一気に集中して取ってしまいたい方、そのときの状況と自分に合った講座を選ぶことで無理することなくヨガのインストラクターとしての第一歩を踏み出すことが出来ます。

全米ヨガアライアンスとは

全米ヨガアライアンス、RYT200/RYT500と呼ばれるこの資格を耳にしたことがある方も多いでしょう。数あるヨガ関連の資格の中でも最も有名な資格で、90年代アメリカで設立され、今でもヨガを全国にひろめる活動を行っているヨガ協会によってカリキュラムに基準が定められており、質の高いヨガインストラクターや教育者の育成に貢献しています。この教会が認定したヨガのスタジオ、もしくは認定指導者から200時間または500時間のコースを受講した後、ヨガアライアンスに申請することで認定書が発行されます。この申請はWEBサイト上から誰にでも行う事が出来るため、誰にでも開かれたものとなっており、一度協会から認定を受けると「全米ヨガアライアンス認定ヨガインストラクター」として活動することが出来ます。この資格がないとインストラクターとして活動ができないというわけではありませんが、世界的にも知られる最も知名度の高い資格のため、この資格をもっていることで能力を証明することができ、指導者としても自信がでて、堂々と生徒の前に立つことができるでしょう。

資格が取得出来るヨガスクール

・Yoga generation

取得出来る資格:ヨガジェネレーション主催 全米ヨガアライアンス認定RYT200ヨガ指導者養成講座
ヨガを教える為のスキルや知識はもちろん、「自分がどんなヨガを教えていきたいか」という哲学的なレベルまでしっかりと自分を見つめることが出来るのが魅力の講座です。解剖学やアーユルヴェーダ、ヨガビジネスなど幅広い分野に対応しており、それぞれの分野をそれぞれのスペシャリストから学ぶことが出来ます。それぞれの先生の分かりやすく、丁寧な指導により、養成講座の受講生は「ヨガを教える」ことの土台をしっかりと築くことができるでしょう。少人数制で一人のメインティーチャーからまなぶため、きめ細かい指導を受けることができ、多くの卒業生がインストラクターとして活躍しています。

まとめ

ヨガのインストラクターは決して資格がないと出来ないわけではありません。実際に資格がなくてもその経験をもってヨガの指導をしているインストラクターはたくさんいます。ただ、ヨガの知識だけではなく、身体の仕組みや医学的な知識、ヨガのアサナだけではない分野を体系的に学ぶことにより、より深くヨガを知り、教えることにも自信が持てることでしょう。

ヨガ ヨガ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ヨガとストレッチの微妙だけど明らかな違い

ヨガ用語のアーサナ、アライメント、アジャスト

初心者にもオススメの素材やサイズ!ヨガマットの選び方について

ヨガ用語プラーナ、プラナヤーマ、ヴィンヤサ

ヨガセラピーで健康な体を手に入れる方法

初心者のポーズの練習に最適!ヨガに効果的なミュージックCD