体型カバーでスタイルアップ!真夏ヨガの服装

朝活ヨガと夜のヨガのポーズ

真夏のヨガレッスン、スタジオには熱気がこもり、ただでさえ暑いのに、みなの熱気でどんどん室内の気温は上昇します。そんな真夏のヨガウェアを正しく選んで、涼しい顔でおしゃれにヨガを楽しみたいものです。せっかくのヨガですから、服装や自分の体形を気にすることなく十分にヨガの効果を実感しましょう。

ウエストのお肉をカバーするヨガの服装

ヨガウェアブランドのブラトップはカラフルなものや、デザインも派手なものがたくさん出ていますが、短めの丈だとウエスト周りのお肉が気になってしまうという方も多いのではないでしょうか。そんなとき、ボトムスを拝ウェストのレギンスで合わせれば、おなか回りからくびれまで、気になるところをしっかりとカバーすることができます。今年のトレンドでもあるハイウェストのレギンスはショートのトップスと合わせることで足長効果も高めてくれます。

ぽっこりお腹をカバーするヨガの服装

女性に多いぽっこりおなかのお悩み、ど便秘や生理など仕方のないときもあります。そんなときにおすすめのコーディネートはブラトップとタンクトップのレイヤードです。おなかを隠す分、背中が空いたものや、脇がしっかりと詰まっているものよりもゆったりとしたデザインのものなど、メリハリをきかせるとおしゃれに見えます。

二の腕をカバーするヨガの服装

二の腕のたるみが気になるときには、ぴったりとした小さめのTシャツなどではなく、袖口や胸元などにゆとりのあるシルエットのものがおすすめです。気になるからと言ってすべてを隠してしまうと逆効果、袖口から肩にかけてスリットの入ったものなどあえて素肌をのぞかせるのも華奢にみせてくれるっポイントです。また、ヨガウェアの上からさらりとはおることの出来るボレロやカーディガンなどもお勧めです。クラスの最中で少し肌寒くなったときやシャヴァ―サナ、またクラスの行きかえりなどでも活躍してくれます。

大き目ヒップをカバーするヨガの服装

大き目のヒップが気になるときには、トップスを長めのものや、ゆとりのあるものにしてカバーするのがおすすめです。またボトムスのレギンスには生地が厚めのものを選ぶと
サポート力もアップするでしょう。

バストをカバーするヨガの服装

大き目の胸が気になってしまう人には胸元がしっかりと詰まったタイプのデザインがよいでしょう。かがんだときに胸元が見えて気になるということもなくなり、安心感が増します。また、反対に小さめのバストの方におすすめなのは、胸元のデザインが凝っているものです。華奢なストラップや胸元にデザインが施されたブラトップは華やかな雰囲気を生み、女性らしさもだすことが出来ます。

まとめ

気になるお悩み別にお勧めのウェアのデザイン、コーディネートのポイントをご紹介しました。トップスとボトムスの組み合わせやデザイン、また、気になるからと言ってただ隠すのではなく、あえてみせることでカモフラージュすることも可能です。ヨガウェアにとらわれて体形が気になってしまっていては、せっかくのヨガの時間がもったいないですよね。空前のヨガブームがきている今、様々なヨガウェアブランドがこぞってヴァライアティにとんだウェアをだしています。自分のお気に入りの一枚をみつけて、ヨガをおしゃれに楽しみましょう。

ヨガ ヨガ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ヨガのポーズ一覧

初心者でも取り組めるヨガのポーズ一覧

ヨガ

メンタル効果抜群のラフターヨガ

ヨガ継続を確実にする5分からのミニマム習慣

第4チャクラを活性化するヨガポーズ

ヨガ

ヨガに最適なティンシャの使い方

天然温泉で癒やし効果付きのヨガ!熊本県のヨガスタジオについて