今を精一杯感じるためのカルマヨガ

朝活ヨガと夜のヨガのポーズ

カルマヨガの基本情報

始まり国 インド
名前の由来 行動や行為を示す「カルマ」から名付けられています。

カルマヨガの始まりと今

紀元前800年ごろより世の中に広められてきた教えと言われています。ハタヨガの始まりよりも、ずっとずっと前からあったヨガということになります。

カルマヨガとして教えられる場面は現代では少なくなっているかもしれませんが、その哲学や教えは、さまざまなヨガ流派の中に溶け込んでいるものと言えるかもしれません。精神性の高いヨガですが、スピリチュアルとは異なる、ヨガの深い世界を知り、生き方を探るヨガとも言えるでしょう。

カルマヨガの特徴

カルマヨガは、ヨガの哲学、ヨガの精神性を生きていく日常のすべてに反映させ行動していくことを学んでいくヨガです。ヨガをすることよりも、真のカルマを作り出す心を常に清めるためのヨガとも言えるでしょう。生きているすべての時間をヨガの鍛錬の場と捉え、見返りを求めずに行動や行為を重ねていくことが、私たちの心を清め、それが身体の健康にも反映されていくと言われています。悪い行いをすれば自分に悪いことが返ってくる、善い行いによって良いことが起こっていくというのもカルマの普遍的法則によるものです。カルマヨガは、レッスン単位で自分を見つめるのではなく、日常のすべての自分の行為を見直させてくれるでしょう。過去や未来に囚われることなく、今の今の自分や自分の心を観察することは、今を生きることを活性化させてくれる大切な要素でなのです。

カルマヨガのポイントとメリット

カルマヨガは、自分にとっての悪い行いを正していきます。悪いと分かっていることでも、習慣によってやめられないことがあります。また、欲望のままに食べたり、飲んだりする感情も鎮めることができれば、健康な身体を保つことに繋がるでしょう。思い通りにならないことを受け容れる、自分らしく生きることを選ぶというのもカルマヨガの教えです。関わる人に対して、起きるものごとに対して自分の心が感じる好き嫌い、悲しみ、憤り、怒り、嫉妬などあらゆる感情がカルマを生み出してしまうと言われます。感情に左右されることなく、ただただ、自分と周りの人のために良いことを行うのがカルマヨガです。そのような行為の繰り返しが、自己の中にあるカルマを解消することになると言われているのです。誰かのために本当に一生懸命尽くしているとき、自分の中に邪念は起きないものです。これを積み重ねる習慣自体が自分を高め、魅力的に存在させる方法なのではないでしょうか。学んで知識を得るだけのヨガではありません。実践していく「行為のヨガ」「行動のヨガ」とも呼ばれています。

カルマヨガはこんな人におすすめ

ヨガに興味のあるすべての人におすすめしておきたいヨガです。エクササイズとしてのヨガとは対極にあると言えるかもしれません。ヨガというのは本来は、ポーズを取ることではありません。ヨガ自体を深く知りたい、自分に浸透させたいと感じている人にとっては、カルマヨガとの出会いが毎日を充実したものにしてくれるでしょう。目の前のことに全力を集中させる精神を養いたいと思っているひとにもおすすめします。

ヨガ ヨガ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

力の抜き方が難しい人のためのヨガ的処方箋

香りの効果で精神に働きかけるアロマヨガ

ヨガポーズ

ヨーガ療法で健康的な体を手にいれる方法

ヨガのねじりのポーズのとり方

ヨガ

八支則を瞑想するラージャヨガ

ヨガで柔軟性を高めるための大切なポイント