上手に乗り切ってポーズの効果を実感!ヨガの好転反応について

ヨガ呼吸法

未経験の状態からヨガを始めてしばらくすると、特に病気でもないのに眠気、倦怠感、頭痛、腹痛などの症状が出ることがあります。こうした症状はヨガの好転反応の場合があります。

好転反応とは

体の不調や精神の不安定など、ヨガを始めたばかりの頃に初めて好転反応を経験すると、ヨガのせいだとマイナスにとらえてしまう場合があります。
せっかくのヨガの効能を無駄にしないために、あらかじめ好転反応について知っておくことは有用です。
体の不調は、ヨガを経験する前に体に溜め込んできた老廃物が排出されることが理由の一つです。
本来不要な食品添加物や化学物質などの悪影響が、ヨガによって浄化されます。
精神の不安定は、心が溜まった毒を出そうとしている働きに由来します。ヨガを通じてありのままの自分に向き合うと、それまで抱えていたストレスが毒素のように表面に表れてきます。

好転反応の仕組み

ヨガには実行する者の心身を自浄する作用があります。好転反応は、心身が本来あるべき健康な状態に戻ろうとするものです。
ヨガを始める前に心身に溜めこんだ毒素が多いほど、ヨガを行なった後の好転反応は大きくなります。好転反応は、怪我をした後に体が膿みを出し切ろうとする働きに似ています。
それまで知らないうちに体に溜まってしまっていた悪いものを出し切って好転反応がおさまれば、心身の状態は次第に安定していきます。

好転反応と免疫

体の不調の症状が強く日常生活に支障が生じるような場合、症状を抑えるために薬などを服用することもできます。
薬はあくまで一時的なものなので、好転反応の際はできるだけ心と体の反応を素直に受け止めることが、自分の体に備わっている免疫力の働きを活性化させることにつながります。
好転反応は、溜まった悪いものを出し切るための、一種のデトックス期間であると考えることができます。一時不調が生じたとしても、腰を据えてそれを乗り越えることで心身が鍛えられ、最終的に以前よりも一回り大きくなった自分を感じることができるようになります。

好転反応とヨガの世界観

ヨガの世界観では、自分の体を一つの小さな宇宙と考えることができます。ヨガの練習を続けることは、自分自身でも気がついていない、未知の可能性に満ちた小宇宙を旅することです。
好転反応は、自分の中の小宇宙の旅における靴ずれのようなものとして捉えることができます。 旅をするのに慣れてくると、徐々に靴ずれの回数も減っていきます。

好転反応と歪み

利き手だけに荷物を持ったり、いつも同じ組み方で足を組んだり、普段の日常生活の中で無意識に行なっている癖や習慣によって、人の体には徐々に歪みが生じてきます。
また、怪我をして体の一部を傷めてしまった場合は、体が傷ついた部分の働きを補おうとして、他の様々な部分に負荷をかけて、体全体のバランスをとろうとします。
ヨガのポーズを実践することで、こうした体の歪みを是正することができます。その際、骨格や筋肉が本来の位置に戻ることに伴って、多少の好転反応が起こる場合があります。
これも、歪みが改善されれ過程で起こる一時的な作用です。

まとめ

ヨガを始めてからしばらくすると、特に原因のない頭痛や倦怠感などの心身の不調が生じる場合があります。
これはヨガの効果による好転反応で、心身が溜まった毒素を出し切ろうとする働きによるものです。一意的な好転反応を上手に乗り越えることで、以前よりも強くなった自分を実感することができます。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

マッサージで初心者にもサラサラ血液の効果!リンパヨガの仕組み

ヨガで緩和する背中の痛みのほぐし方

丹田強化に役立つ火の呼吸法

ヨガ

メンタル効果抜群のラフターヨガ

ヨガの難しいポーズの練習法

初心者でも挑戦!ヨガの難しいポーズのやり方と効果について