ヨガ継続を確実にする5分からのミニマム習慣

体質の改善は毎日が基本

ヨガクラスに通っている人は、週に一回か二回というところでしょう。週一回のストレス解消!リフレッシュ!を目的にして比較的運動量の多いヨガを行っていくことは間違いではありません。それもひとつのヨガを生活に取り入れるスタイルです。

でも、体質の改善やリラクゼーションという点を考えると、毎日、たとえ少しの時間であっても継続することで効果を最大限に高めることができます。逆に言うと毎日でないと改善は難しいとも言えるのです。日常生活の中で私たちは偏った活動で、日々自分の身体を作り上げているからです。ヨガのクラスに出て、腰痛や肩こり、眼精疲労など1、2日はラクになった身体の症状が、3日目には元に戻っているというのはよくあることです。ストレスを含めて緊張や疲れを完全に解消することは一週間のサイクルでは追いつかないことも多い生活習慣を送っているのです。

一日5分の継続

ヨガは、病院で行うような治療ではありませんが、それが筋肉や骨格のゆがみが原因になっているものであれば、症状のもとを解消する効果があります。その効果を得ていくためには、筋肉やゆがみを整える必要があるのですが、一度や二度で理想的な状態になることは不可能です。一時的に良くなったとしても、同じような生活に戻れば、また逆戻りしてしまいます。筋肉のこわばりや骨格のゆがみに繋がる生活習慣のクセを正すためには、毎日、その筋肉やゆがみに対する働きかけが欠かせないのです。クラスに通っている人でも、一日5分から自宅で取り組まれることをおすすめします。ほんの5分であっても習慣にすることで悪い姿勢や体勢などを日常生活や仕事中でも気にしていけるようになるものです。気持ち良さや効果を感じられるようになったら、時間を10分、20分と延ばさずにはいられなくなるでしょう。そうなると心身への効果は自分だけではなく周りも気づいてくれるようになってきます。

同じ時間で無意識実践

一日の中で必ずヨガをする最適な時間を探してみてください。人によって取り入れやすい時間は異なってくると思います。コツは、ヨガを実践するまでの流れをルーチン化することです。一番のおすすめは朝起きたすぐです。起きてからすぐにできるようにマットをベッドの隣に敷いておくのもいいかもしれません。寝起きでぼーっとしているような場合でも心ではなく、身体が自然に動くように細かく決めておきます。それはポーズだけでなく、起き上がり、身体の向きを変え、マットに移り、マットに立つ、座る、足を曲げるなどという細部まで決めてみてください。眠い、面倒などの感情を無視して動き始めることがポイントです。夜、寝る前の入眠の儀式として取り入れると、意識と身体の両方にこれから寝るというシグナルになって、より深い睡眠を得ることができるとも言われています。ヨガのポーズを取ることでの筋肉の弛緩や血行促進の効果がさらに眠りの質を高めてくれます。慣れるまでは、苦痛、大変と感じるかもしれませんが、慣れて気持ちよさや、効果が実感できるようになると無意識に取り組めるようになります。やらないと気持ち悪いとすら感じるようになったら締めたものです。

ヨガ ヨガ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

貴宝石の効果でホットヨガ!山梨県のヨガスタジオについて

充実したホットヨガで初心者も楽々ポーズ!岡山県のヨガスタジオ

ヨガにおけるシャヴァーサナの意義

初心者でも効果的に学べる!全米ヨガアライアンスについて

軽い腰痛を緩和するおすすめのヨガポーズ

ヨガでダイエットを成功させるための秘訣