ヨガ効果を高めるための食事への意識

ヨガの前後の食事には気を付ける

ヨガでは、深い呼吸を行います。お腹周り、つまり消化器官に大きな刺激を伝えていきます。また、腹部を捻じるポーズは多いですし、身体を逆転させるポーズも行います。ヨガをする前は、胃の中は空っぽになっているのが理想です。ヨガをする直前には食事は摂らないようにしましょう。ヨガをする2~3時間前には、済ませておくことがベターです。とは言っても、生活のスタイルによってヨガのクラスの時間に食事の時間を合わせることが難しいこともあるかもしれません。空腹で仕方がないというときは、ヨガの時間のパワー不足を招くので、消化の良いものを軽く摂ることでしのぎましょう。また、ヨガをした直後というのは、いつもより身体がすべての栄養素を吸収しやすくなっています。太りやすい状態になっているとも言えるので、ぜひ、30分から1時間は我慢できるのが理想です。水分の補給は忘れずにしっかり行いましょう。

自然のものを摂り入れよう

ヨガは心身のデトックス効果を高めてくれるものです。せっかくポーズを頑張って心身に良いことをしているのですから、口から入れる食べ物や飲み物にも少し気を配ってみましょう。相乗効果でデトックス効果を高めることができるでしょう。加工食品に含まれる添加物は、身体や精神のエネルギーを低下させると言われています。このことを重要視して菜食生活を推奨しているヨガの流派もあるほどです。とはいえ、現代生活の中で手軽に菜食主義を徹底していくのは難しいものです。人には嗜好もあるので、好きなものを美味しく味わって食べるということもある意味、健康のためには欠かせない要素でもあります。できるだけ意識するというスタンスをもってみることをおすすめします。コツは、食べ物や飲み物に含まれている材料を把握して飲食するということです。この意識を持つと、自然に不可解なものを避けるようになっていくでしょう。食べることは毎日のことですから、そういう生活が習慣になると必ず体調や体力、メンタル面にも変化が訪れるはずです。

難しくないおすすめの食事法

お野菜だけにすることに抵抗がある人も、野菜をたくさん摂取することを心掛けてください。生の野菜からは酵素を摂取することができます。でも生野菜だけでは身体を冷やす心配があります。バランスをとるために温野菜にすることもおすすめです。ヨガでは良質の筋肉を維持することも大切です。基礎代謝を上げるためにもバランスの取れた筋肉量を保つことが理想です。そのためには良質のたんぱく質を摂りましょう。鶏のささみ肉やむね肉を使ったものや、お魚も積極的に取り入れてください。またお豆腐を使った料理もおすすめです。美容やアンチエイジングのためには適度なナッツ類の摂取がとても役立つと言われています。食べ過ぎには注意したいカロリーを含んでいますが、普段の食事からは得にくい栄養素が多いようです。また、女性は生理があるので、鉄分やミネラルが不足しやすいと言われています。ワカメやひじき、海苔、キノコ類はカロリーも少なく栄養価が高いことでもよく知られていますよね。できるだけサプリメントに頼らずに摂取できるのが理想ですね。

ヨガ ヨガ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

貴宝石の効果でホットヨガ!山梨県のヨガスタジオについて

ヨガのライセンスが取れる講座の紹介

独特の呼吸法を行うアートオブリビングヨガ

ヨガ

ヨガに最適なティンシャの使い方

第3チャクラを活性化するヨガポーズ

朝ヨガポーズと注意事項

ヨガの完全呼吸法をマスターしよう