ヨガスタジオ以外でのヨガの学び方と種類

朝ヨガ

ヨガスタジオで学ぶ

習慣にするならヨガのスタジオやフィットネスジムなどに併設されているクラスに参加するのがおすすめです。個々のクラスにによって月謝制だったり、チケット制だったり、自分の生活スタイルに合わせて選択することが可能ですし、料金的にも負担は少なくて済みます。クラスの種類は、多種多様なので、興味のあるクラスがあれば、体験レッスンを受けられることをおすすめします。インストラクターとの相性を見極めることも大切です。とても評判のいいインストラクターが、自分にとっても相性がいいかは分からないものです。好みで構いませんが、質問したり、相談しやすいということもヨガの上達を助けてくれる基準になるかもしれません。初心者であれば、ポーズの説明が分かりやすい、詳しいと感じるインストラクターを選びましょう。継続していくためには、ヨガのタイプやインストラクターについて「何となくいい」「何となく嫌」という感覚も無視しないことが大切です。

ヨガのワークショップで学ぶ

ワークショップは、ヨガについて何かテーマを絞って詳しく説明される講座のことを言います。ワークショップのスタイルもさまざまです。ひたすらポーズを取りながらひとつひとつのポーズのアライメントやポイントを確認できるもの、座学で筋肉や骨格の知識を深めていくもの、インストラクターのためのワークショップでは、ヨガ哲学やアジャストの仕方などについて学ぶことができるものもあります。ワークショップの長さも、半日で完了するものから数日間に渡るものまで様々です。レベルや資格などの条件が設けられていることもありますが、もう少し突っ込んで深く学びたいという人にはおすすめの学び方です。料金は通常のクラスよりも高めになることが多いです。通常のヨガクラスではなかなか詳細まで知ることが難しいことでも、熟練のプロの講師によって伝授してもらうことができます。もちろん、通常のクラスでヨガを実践するときにもきっと役立つものとなるでしょう。

ヨガのリトリートに参加する

ヨガに適した環境にどっぷりと浸かりながら、ヨガの知識と技術を磨くことができるのがリトリートです。通常は、宿泊型になっていることが多く、普段の生活では敵わない理想的なヨガの環境の中で学んでいくことができます。ヨガの合宿と言えば分かりやすいかもしれませんね。リトリートには、静養、療養といった意味があります。日常から離れて、海や山など自然にあふれる環境の中でヨガと自分に向き合う時間になります。明らかにいつものヨガとは違う感覚を存分に味わうことができるでしょう。宿泊中は、食事の内容などにも気を配られているのですべての時間でヨガを実践することも可能です。海外でのリトリートに参加する人たちも続々と増えているようです。もちろん、通訳が付いていることがほとんどですが、海外のインストラクターに指導を受ける機会のためにも英語やサンスクリット語でのヨガ学習も視野に入れるとさらに理解を深めることができると思います。リトリートは、現実社会と離れる感覚が強いので、そのことはきちんと区別することが大切です。実際に生きていくのは、現実社会なのですから。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ヨガ呼吸法

ハタヨガの概要

ヨガの効果リラックス

胸筋刺激が効く!ヨガの驚きのバストアップ効果

内側からマッサージ効果促進!おすすめのヨガポーズ

初心者にもオススメの素材やサイズ!ヨガマットの選び方について

ヨガの太陽礼拝Bのシークエンスを覚えよう

ヨガポーズ

ヨーガ療法で健康的な体を手にいれる方法