ヨガやマインドフルネスの瞑想での能力効果

橋のポーズのやり方注意点

脳の活性化により理解力の向上

マインドフルネスの瞑想がGoogleやNASAなどでも活用されていることはよく知られています。瞑想の実践によって、ストレスの軽減はもちろんのこと、仕事のパフォーマンスが上がることも証明され始めているのです。中でも脳への働きかけは絶大で、脳の情報入手や情報の処理が一旦リセットされることで、その後の理解力、継続していくほどに恒常的に理解力が発達していくと言われています。

集中力や記憶力のアップ

呼吸や自分の身体など内面的なものに意識をとことん集中させていくことは脳を休めることに繋がるだけでなく、集中力自体を向上させていきます。集中することができるとパフォーマンスも上がりますし、より良質の集中力が得られているときに、人は充実感を感じるものです。いわゆるフローやゾーンという状態を感じやすくなると言われています。記憶についても脳の能力が向上することで定着率が飛躍的に上がることが分かってきています。不必要な雑念を取り入れることが少なくなるので、新しい情報を吸収しやすくなっているのです。記憶力の向上が期待できれば、仕事でも学習でも役に立つことは明らかですね。

決断力が増す理由

思考が整理されることと、意識が今にフォーカスされることで、今自分に必要なものが何なのかについてよく分かるようになります。自分の内面にしっかりと向き合う時間を毎日、もしくは頻繁に「意識的に」設けることで、自分にとって重要で必要な人、モノ、コトがクリアに分かるのです。そしてそれを求めやすくなります。至ってシンプルに考えることができるようになるのです。

直感や引き寄せの力、もしくは偶然などと考える人も多いかもしれませんが、それも結局は研ぎ澄まされた脳裏の中から抽出されるものなのです。その感度や精度が高まり、自分の思いや思考をより信頼できるようになるとも言われています。人間として大切で、高度な力と言えるでしょう。

創造力が強化される

ヨガのエクササイズも含めた瞑想やマインドフルネス瞑想で、脳を整理することができます。脳は余裕を埋める性質を持っていると言われます。余裕があるとさらに必要なことを思いつきやすくなるのです。これが新しいことを作り出す創造に繋がっていくのです。アイデアが浮かびやすくなるということです。現代社会では、誰もが欲している能力ではないでしょうか。

体調が整っていく

ヨガのエクササイズも含めた瞑想やマインドフルネス瞑想では、深い呼吸を行います。ストレスが軽減されることも分かってきています。それだけでも自己治癒力と基礎体力を向上させていくことに繋がっていくのではないでしょうか。身体的な改善はさまざまなことに反映されてきます。具体的には、頭痛やめまいが無くなった、胃腸など消化器官の不快な症状が緩和された、血圧が安定した、呼吸器の疾患が改善されたという人も多いです。また、リラクゼーション効果によって不眠や睡眠障害を克服できた人もたくさんいるようです。また、不調の改善力とともに、ストレスや不調を経験しても、瞑想を続けている人は回復がとても早いということも特徴のひとつとして挙げられるでしょう。

ヨガ ヨガ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

自律神経のバランスを整えるリストラティブヨガの効果

灼熱のインド環境を再現するホットヨガ

瞑想効果を高めるマントラ呼吸法

姿勢と身体の巡りを整える骨盤調整ヨガ

捻じる!ヨガで頑固な下腹のお肉をすっきり!

丹田強化に役立つ火の呼吸法