ヨガは有酸素運動?代謝や脂肪燃焼率を上げる?

有酸素運動と無酸素運動

有酸素運動は、酸素を必要とする運動です。厳密に言うと、その運動の中で呼吸が無ければ続けられない運動です。ウォーキングやジョギング、水泳、サイクリングなどが代表的な有酸素運動です。運動中に酸素を取り入れながら比較的ゆっくりとエネルギーを消費していくものです。ヨガはどちらかというと意識的に呼吸をすることで酸素を身体に取り込みますが、ゆっくり動き、20~30分以上の時間を掛けて行うスタイルのものであれば、他の有酸素運動と同等の効果を得ていくことができると言われています。無酸素運動は、例えば100メートルを走る数十秒間は、息を止めていたりします。ウェイトトレーニングでも一気に重いバーを上げるときには酸素は必要とされないというような運動のことです。無酸素運動と言っても呼吸をしないわけではありませんが、有酸素運動と無酸素運動では、身体の中で消費するエネルギーの種類が異なります。有酸素運動は、酸素を使って糖質や脂肪を燃焼させ、エネルギーを生み出すのに対して、無酸素運動はもともと筋肉の中にあるグリコーゲン(糖質)が主なエネルギーとして使われるのが特徴です。

有酸素運動のメリット

ダイエットをするときに有酸素運動が効果的と言われますが、厳密には有酸素運動にも無酸素運動にもダイエットに繋がる要素はあります。ただ、有酸素運動は、比較的負荷が少ないことがメリットのひとつ。負荷が少ないので長時間行うことも可能で、体脂肪を効率的に減らしたい場合には特に有効な運動方法と言えます。有酸素運動で得られるメリットはいくつもあり、心肺機能が改善したり強化することに繋がります。血管の柔軟性が高まることで血流促進が期待できます。脳が活性化されていくことも分かってきていてストレスの緩和や発散することにも大きな効果があります。運動によって筋肉が維持できるので、基礎代謝量を保つことも可能になります。筋肉トレーニングのように一気に筋肉が増えることはありませんが、新たに筋肉がついてくれば、基礎代謝量のアップも見込めるでしょう。代謝に筋肉が必要なことは分かっているけれども太い筋肉は必要ないと考えている人には有酸素運動がおすすめです。

ヨガの運動的な効果

ヨガ以外の有酸素運動では、運動によって必然的に呼吸が必要とされます。一方ヨガは、呼吸を意識的に行っていくので、たとえば、体を動かさなくても心拍数や血圧を上げない運動が可能です。負担が少ないので誰でも取り組むことができます。また、身体の一番いい動かし方、または姿勢を習得していくので、筋肉や骨格、内臓が理想的な位置で機能を果たすようになります。インナーマッスルを強化したり、姿勢の矯正をしたり、心肺機能の向上ができます。消費カロリー自体は少なくても、健康や美容、ダイエットにも良い影響を間接的に与えていくことができるのです。しなやかな柔軟性を持った強い筋肉を的確な位置につけていけるのがヨガの特徴です。深い呼吸を意識することやポーズによって普段使わないような筋肉に働きかけていくことは、身体機能を上げるだけでなく、メンタル面にも作用していくと言われています。

ヨガ ヨガ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ヨガ呼吸の基本!腹式呼吸のコツ

素敵美尻!ヨガでヒップアップを目指す!

ヨガ

呼吸の基本 右鼻と左鼻の役割の違いとクンバク

ヨガのライセンスが取れる講座の紹介

ヨガウェア・ヨガマットのお手入れ方法

ヨガ

ヨガの資格「全米ヨガアライアンス」とは