ヨガの太陽礼拝Bのシークエンスを覚えよう

太陽礼拝Bのポイント

太陽礼拝Bは太陽礼拝Aの流れよりも動きが大きくなります。太陽礼拝Aの中に新しいポーズが加わったシークエンスになっています。加わるのは英雄のポーズ。左右の脚の入れ替えて必ず両方、できるだけ同じ長さで行うようにしましょう。太陽礼拝Bに入る前に太陽礼拝Aを何度か行ってから身体をほぐしておくとやりやすいですし、効果も高まるでしょう。動きが大きくなる分、呼吸を忘れがちになります。呼吸への意識は途切れさせないように集中力を保って行いましょう。吸って一動作、吐いて一動作という決まりはありますが、苦しくなったらもちろんひと呼吸入れても大丈夫です。また痛みや違和感のあるときは無理のない範囲で行いましょう。
どこの筋肉を使っているかを意識することでより効果を高めることができます。使うべき筋肉、伸ばす筋肉、静止するときはしっかりと体幹を使ってキープしましょう。
慣れるまでは、インストラクターの指導やアドバイスを受けて動きのコツとポイントをしっかり押さえることを強くおすすめします。ウジャイ呼吸のできる人は意識して取り入れてポーズをキープするときの助けにするといいでしょう。

太陽礼拝Bの温め効果がすごい!

太陽礼拝Bは身体を温める効果が高く、免疫力アップに有効なことでも知られています。そのほかにも、不眠、腰痛、扁平足、肩こりの緩和、心臓や肺の機能強化、背骨や骨盤を矯正する効果もあると言われています。もちろん、基礎代謝を上げ、筋力もついてくるのでダイエット効果も期待できます。特に、太もも、二の腕、足首、ふくらはぎなどのシェイプアップ効果には有効な動きが取り入れられています。血行の促進によって、アンチエイジングの期待もできます。化粧ノリ良くなったり、小顔、たるみ、シワ、首のシワなどの悩みに働きかけることができると言われています。

太陽礼拝Bの流れ

太陽礼拝Aをウォーミングアップとして、続けて行われることが多いです。

1 山のポーズ(タダアサナ)
2 椅子のポーズ(ウトゥカタアサナ)
3 深い前屈のポーズ(ウッターナーサナ)
4 半分の立位前屈(アルダ ウッターナーサナ)
5 板のポーズ(クンバカーサナ)
6 四肢で支える杖のポーズ(チャトゥランガダンダーサナ)
経由→8点を床につくポーズ
7 上向きの犬のポーズ(ウールドゥヴァムカシュヴァーナーサナ)
8 下を向いた犬のポーズ(アドームカシュヴァーナーサナ)
9 英雄のポーズ(ウィーラバッドゥラ・アーサナ1)
10 四肢で支える杖のポーズ(チャトゥランガダンダーサナ)
経由→8点を床につくポーズ
11 上向きの犬のポーズ(ウールドゥヴァムカシュヴァーナーサナ)
12 下を向いた犬のポーズ(アドームカシュヴァーナーサナ)
13 英雄のポーズ(ウィーラバッドゥラ・アーサナ1)
14 四肢で支える杖のポーズ(チャトゥランガダンダーサナ)
経由→8点を床につくポーズ
15 上向きの犬のポーズ(ウールドゥヴァムカシュヴァーナーサナ)
16 下を向いた犬のポーズ(アドームカシュヴァーナーサナ)
17 半分の立位前屈(アルダ ウッターナーサナ)
18 深い前屈のポーズ(ウッターナーサナ)
19 上向きの礼拝(ウルドヴァ・ハスタ・アーサナ)
20 山のポーズ(ターダ・アーサナ)

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

整体とヨガのポーズのコラボ効果!青葉台駅周辺のヨガスタジオ

第5チャクラを活性化するヨガポーズ

脳にやさしく効果的なヨガ!本八幡のヨガスタジオについて

半田市で空中ヨガのポーズの効果を体感!ヨガの華について

ヨガの効果リラックス

ポーズの意味の理解に初心者にも効果的!ヨガの八支則について

ヨガのスケジュール管理に効果的!自在に動くヨガブックについて