ヨガのライセンスが取れる講座の紹介

ヨガを継続して行っていくともっと学びを深めたい、知識を身につけたい、周りの友人や家族、またはまだヨガをしたことのない方たちに広めたいという思いを持つ方もいると思います。そんなときにお勧めなのが、ヨガのティーチャートレーニング講座です。空前のヨガブームの現在、全国各地で行われているヨガのティーチャートレーニングのコースはその内容や講師陣、学びのスタイルまで様々です。せっかく学ぶのですから、講座に入ってみて違ったということにならないように、しっかりと自分の学びたいことを知り、自分のライフスタイルや目的とあった講座を選ぶと良いでしょう。

Aya Body Archtecture(アヤボディアーキテクチャー)

取得出来る資格:米国ヨガアライアンス200時間認定講座
(RYT200)/米国ヨガアライアンス500時間認定講座(RYT500)/全米ヨガアライアンス認定マタニティヨガインストラクター講座(RPYT)/全米ヨガアライアンス認定キッズヨガインストラクター/(RCYT)
最大の特徴は日本で初めてとなる単位制を取り入れていることです。この単位制のおかげで、入学は随時受付中、いつでも入校することが出来ます。どの講座でも好きなカリキュラムを選択することができ、解剖学を重点的に学んだり、インストラクションやティーチングのスキルに重点を置いたりと、その組みたて方は個人にまかされており、自由度の高い講座となっています。必須単位をすべて取り終えればRYTの資格が取得可能なので、取りたい講座を受講しているうちにいつのまにかRYT500が取れてしまったという方もいるでしょう。現在活躍中のRPYTやRCYTの9割がアヤボディアーキテクチャーの卒業生と言われています。

UNDER THE LIGHT YOGA SCHOOL

取得出来る資格:米国ヨガアライアンス200時間認定講座(RYT200)/米国ヨガアライアンス500時間認定講座(RYT500)
現在活躍するヨガインストラクターの8割がアンダーザライトヨガスクールの卒業生と言われるほど、有名な本格的ヨガスクールです。2006年に東京の代々木にスタジオをオープンさせて以来、年間1000人もの卒業生を輩出する大手のスクールで、有名なヨガインストラクターや教育者が名を連ねる講師陣はヨガ書籍などの著作者や大規模なヨガ関連のイベントなどでもよく名を見かける豪華な顔ぶれとなっています。また、講座の講師たちはアンダーザライトでのレギュラークラスも担当しているため、卒業後も継続して学んでいくことが出来るのが特徴の一つとなっています。

まとめ

スクールによって、学べヨガティーチャーの講座はその内容や学び方、スクールの雰囲気などもすべて異なり、どこで受講すればまよってしまうでしょう。現在は各地で合同説明会が行われていたり、無料の説明会なども行われているため、実際に講師陣と話し、スタジオにいってレッスンを受けてみるとよいでしょう。200時間過ごすスタジオですから、そのスタジオの雰囲気を肌で感じて、自分に合ったスタジオを得欄でください。

ヨガ ヨガ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

アシュタンガヨガ初級ハーフプライマリーの流れ

半田市で空中ヨガのポーズの効果を体感!ヨガの華について

朝ヨガ

ヨガ初心者も上級者も読むとヨガが変化する書籍

ポーズを簡単に!確実に!椅子ヨガと壁ヨガのすすめ

ヨガのポーズでシンプルライフの効果!みうのブログについて

働く男性におすすめのヨガのポーズ