ヨガにハマったらヨガラグを手に入れよう!

ヨガラグとは?

身体を動かすヨガでは、汗をかくことが多いですよね。どんなに滑りにくいマットでも汗で滑りやすくなったり、自分の汗に不快感を感じることもあるでしょう。肌がべたついてマットに張り付くことが気になることもよくあります。それらを解消してくれるアイテムで、ヨガマットの上に敷くタオルのようなものをヨガラグと言います。ヨガ用の専用タオルと考えるといいでしょう。

普通のバスタオルとは異なり、滑りにくく、吸水性、速乾性に配慮して作られています。通常、ヨガマットの大きさとほぼ変わらない大きさから、マットの1/4程度の大きさで、マット状での滑りを防ぐことにフォーカスしたハンドサイズのものもあります。もちろん、タオル代わりとしても使えます。うつ伏せになったときに、マットに顔を付けたくない!と感じる人は多いものです。ヨガの時間のさまざまなシーンをサポートして、ヨガに集中することを助けてくれます。

素材は、コットンや麻、マイクロファイバーなどがあります。どんどん使い込んでいくうちに肌触りもマットにも馴染んで使いやすくなっていくようです。

ヨガラグの有用性は?

ヨガラグを使うことで、もちろん汗が気にならなくなります。しっかり汗を吸ってくれてマットの上でヌルッとすることがありません。手脚を踏ん張るときもしっかりマットをグリットすることが可能です。マットだけのときよりもソフトな感触が増すので、寝転んだとき、休憩などでも、より安らぐことができます。

ヨガマットのカバーの役目を果たすので、ヨガマットの劣化を最大限に防ぐことができるでしょう。ヨガラグ自体も耐久性抜群なので、手軽に洗濯していつも清潔なマットの上でヨガを楽しむことができるのは、大きなメリットです。防臭や抗菌加工がされているものもあり衛生面の心配をすることなくヨガができるでしょう。スタジオのレンタルマットを活用する場合にも、衛生面を考えると使う価値はありそうです。誰が使ったか分からない、どのくらい清潔さが保たれているか疑問のマットの上では集中することも難しくなるものです。ヨガラグがあると安心してヨガが行えます。丸めたヨガマットの持ち運びが面倒、難しいという人にとっても、コンパクトにたためるヨガラグを用意すれば、スタジオのレンタルマットを活用することも解決策の一つになりますよね。

ヨガラグの使い道は豊富

汗を吸収したり、衛生面の心配がなくなるということの他にも、ヨガをしていく中でヨガラグの使い道はたくさんあります。

ヨガをするときの冷やっとする感覚も抑えられます。最後のシャバアサナでは、ブランケット替わりに身体にかけることで安心感が高められるでしょう。

また、ヨガラグは、ポーズの補助具としても使うことができます。折りたたんで高さを出して、お尻や肩に添えても使えるでしょう。安楽座での背筋を伸ばす際にも、数ミリ単位で調節することが可能です。膝立ちになるときの痛みを軽減することもできます。マットではちょっと高さや柔らかさが足りないというときはとても便利です。使い勝手も豊富なので、一枚持っておくときっと重宝するでしょう。使いだすと手放せないと感じる人も多いようです。

ヨガ ヨガ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ヨガセラピーで健康な体を手に入れる方法

天然温泉で癒やし効果付きのヨガ!熊本県のヨガスタジオについて

ウジャイ呼吸の方法と効果

難関ヨガポーズ、チャトランガを極める

朝ヨガ

気になる脇腹の贅肉!ヨガで燃焼させるには?

英語でのヨガクラスに役立つ用語集