ヨガで目指す深呼吸!胸式呼吸も悪ではない

さまざまな呼吸法の種類

ヨガには、さまざまな呼吸法が紹介されています。ほとんどのヨガ流派のポーズの中では、基本的には腹式呼吸が推奨されます。だからといって、胸式の呼吸が悪いものというわけではありません。胸式でも深く行うことができれば立派な深呼吸なのです。ただ、リラックス度や身体への作用が異なることから、どちらかというと腹式呼吸の効果のほうが一般的なヨガに適しているというだけなのです。

また、ヨガの中ではさらに深める呼吸のために完全呼吸法というものもあります。この場合、胸もお腹もさらに肩やのど、息を止めること(クンバク)まで加えた呼吸の要素をすべて含んだ呼吸法です。腹式呼吸を行うことで深い呼吸は可能になりますが、深呼吸=腹式呼吸だけではないということを知っておきましょう。他の呼吸法についてはその呼吸法単独でも行うことのできるひとつのヨガと捉えることができます。効果もさまざまなので興味のあるものを試してみてはいかがでしょうか。

胸式呼吸のアシュタンガヨガ

ヨガの流派の中で、ハードな動きを連続して行っていくアシュタンガヨガでは、ウジャイ呼吸を行うのが基本になっています。ウジャイ呼吸は胸式呼吸に当てはまります。胸式の呼吸によって、交感神経を優位に働かせ、動き続けるために筋肉を緊張状態に導くのです。胸式呼吸によって肋骨周りの筋肉を刺激します。これは、脊椎や骨盤を正常な位置に保つことにもなり、骨盤を安定させインナーマッスルを鍛えていくことができると言われています。
身体を強くしたい、スタミナが必要というときなどには、胸式呼吸も有効な働きをするのです。パワー系のヨガでも、途中でポーズをホールドするときや、レッスンの後半にしんどくなったときなどには、ウジャイ呼吸で乗り越えることも有効ということです。

酸素量とバイタリティーの比例

深呼吸ができると、交感神経と副交感神経のバランスが整いやすくなると言われています。呼吸法をマスターし、使い分けることで心身をコントロールすることも可能になってきます。この切り替えも現代人にとっては大切なスキルと言えるかもしれません。交感神経に偏りがちな生活で、リラックスが味わえないという人が増え続けているのだそうです。

怒りを感じたり、イライラしたり、心を落ち着けるべきときに腹式呼吸を行えば安定してくるものです。積極的に筋肉を使うときには、胸式呼吸でエネルギーを生み出すことができるのです。

そして、ヨガの動きによって、動かす胸や肋骨周り、腹筋の筋肉を柔軟に保つことで、さらにスペースを広げることができます。普段使わない筋肉も十分に伸ばせるので、より多くの酸素を取り込むことができるようになります。取り込まれた酸素の量は、ココロとカラダのバイタリティーに比例するとも言われています。

呼吸法は安全で、道具も必要としません。いつでもどこでも行うことができます。深く呼吸する習慣によっても呼吸に関わる筋肉の柔軟性を高めることができるでしょう。ヨガを継続し、深い呼吸が身に付いてくると、ヨガのレッスン以外の時間の呼吸量も増えてくるようになります。健康的な心身を保つための呼吸をいつも行えるということです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ヨガポーズ身体の部位のサンスクリット語

初心者も激しく鍛えて気分爽快!アシュタンガヨガの効果について

ヨガポーズ

第3チャクラを活性化するヨガポーズ

ストレートネック改善にヨガは有効?!

ヨガ

ヨガに最適なティンシャの使い方

ヨガポーズとヨガのメリット

ヨガの体勢ごとに覚えるサンスクリット語